「悲しい誕生日だった」 給食費滞納ゆえに食べ物を取り上げられた小学生

しらべぇ

2019/9/14 20:50

(Milatas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
学校の給食を楽しみにしていた少年が、友達と一緒に食堂に向かった。そこで友達と同じ食べ物をトレイに乗せたというが、それを見た給食のおばさんに取り上げられたという。

■食堂での悲しい出来事


9歳の誕生日とあって意気揚々と登校し、給食の時間を楽しみにしていた小学生が米オハイオ州にいる。

少し前に祖母宅に身を寄せたばかりの少年はみんなと一緒に食堂に行きソースが添えられたパンを取りトレイに置いたというが、その様子を見た給食のおばさんはそれを奪い返し、冷蔵してあったパンと冷たいチーズを与えたとのこと。

少年の家族は経済的に苦しいこともあり「他の児童と同じ給食を無料で支給されることになっていた」というが、それ以前に約970円の給食費滞納があったこと、また給食の無料支給に関する書類審査が終了していなかったこともあり、パンを取り上げられてしまったのだ。


関連記事:小学校教諭、欠席者分の給食おかわり強要し児童嘔吐 「恐ろしい」と波紋

■祖母の悲しみと怒り


帰宅するなり「最低な誕生日になったよ」と話す孫の様子に祖母はショックを受け、思わず涙が出たという。

「お金を払えなかったのはこの私で、孫に非はないのに…」とも語った祖母は、「子供から給食を取り上げても、それは廃棄するだけでしょう」「子供に食べさせるより廃棄したほうがマシなの?」とも疑問を呈し、「これはイジメですよ」ともメディアに述べ学校を批判。

学校にも文句を言いに行ったことから話が知れ渡り、学校も対策を変えることを検討しているという。

■学校側の主張


学校側はこのような事態を回避すべく、8月末には「給食費の未払い分を払ってほしい」と少年と家族に知らせてあったとのこと。

また国の方針もあり対処法の変更も容易ではないというが、少年が傷ついたことを重くみて「食堂のスタッフには児童の扱い方につき指導した」と明かしている。

■世間の声は様々…


学校では悲しい思いをしたものの、少年は誕生日を祝うべくこの日はレストランで食事しカップケーキも食べたとのこと。

しかし世間の反応は様々で、「そんなお金があるならなぜ給食費を滞納したのか」「祖母がだらしない」「給食のおばさんは規則に従っただけ」という声、また「給食のおばさんを解雇しろ」「少年が可哀想だ」という声も上がっている。

少年が学校で悲しい思いをしたことだけは間違いない。

・合わせて読みたい→元小学校教諭が給食費450万円を着服 用意周到な手口に非難の声

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ