停電続く千葉 日曜の夜から雨 月曜にかけ雨脚強まる

日直予報士

2019/9/14 16:33

千葉県では、16日(月)は昼頃にかけて発達した雨雲がかかる可能性があります。ボランティアなどで千葉へ向かわれる方は、停電などで情報を得ることが難しい方へ気象情報も届けて下さい。

●千葉県15日(日)夜から雨 16日(月)昼頃にかけて雨風強まる可能性も

15日(日)は、関東地方に東の海上から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。千葉県では、夜から雨が降るでしょう。
特に南東の海上では、雨雲が発達し、千葉東沿岸付近を16日(月)未明から昼頃にかけて、北上する予想です。このような雨雲が陸地にかかれば、雷を伴って激しい雨が降り、風も強まる恐れがあります。一気に道路が冠水することがあるでしょう。発達した積乱雲の下では、竜巻などの突風が吹くこともあり、注意が必要です。
17日(火)も雲が多いでしょう。

●17日(火)にかけて蒸し暑い 熱中症にも注意

17日(火)にかけて、最高気温は27度から28度くらいの予想です。湿度が高く蒸し暑いでしょう。夜の気温は、15日(日)と16日(月)は24度くらいまでしか下がらない所が多い見込みです。熱中症に十分注意が必要です。お持ちであれば、冷却シートなどを活用し、体を冷やすといいかもしれません。効率よく体を冷やすためには、両側の首筋、腋の下、足の付け根など、太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと良いようです。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ