【2019】東京の銀杏並木観光スポット5選!見頃・アクセス情報も

じゃらんnews

2019/9/14 10:00




2019年最新版!東京にある銀杏並木の観光スポットを紹介します。
ベストシーズンの銀杏並木を見逃さないように、見頃の時期やアクセス情報もご紹介。この時期だけの“黄金のトンネル”をゆっくりと歩きながら、秋の訪れを感じてください♪

記事配信:じゃらんニュース
駒沢オリンピック公園【11月中旬~12月上旬】
ジョギングしながら”黄金のトンネル”をくぐり抜けて!

駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園はその名の通り、1964年の東京オリンピックでレスリングやバレーボールが行われた総合運動場がある公園。
現在は緑と数々の体育施設が調和した運動公園として親しまれています。

広大な敷地の中には約670本もの銀杏、ケヤキなどが植えられており、都会であることを忘れてしまうほど。
特に駒沢通り沿いの銀杏並木は、177本の大木が作り出す”黄金のトンネル”として美しいと評判です。

園内のジョギングコースを走りながら秋を感じてみるのも良いですね♪
駒沢オリンピック公園
住所/東京都世田谷区駒沢公園1-1
アクセス/電車:東急田園都市線「駒沢大学駅」から徒歩約15分
車:首都高速道路3号渋谷線「三軒茶屋出口」から約7分
駐車場/あり(有料)
「駒沢オリンピック公園」の詳細はこちら
光が丘公園【11月中旬~12月上旬】
大迫力!40本もの巨木ロード
光が丘公園出典:じゃらん 観光ガイド光が丘公園
テニスやジョギング、BBQなど様々な楽しみ方ができる光が丘公園は、幅広い年齢層の方々で毎日賑わっています。

公園内にある銀杏並木は、1985年に有楽町の旧都庁舎前から移植されてできたもので、樹齢130年を超す幹周り2m前後の巨木がなんと40本も並んでいます!
輝く美しい黄葉が見られるのはこの季節だけですよ。

また、公園内にある焼きたてのパンが食べられる「パークス光が丘」という売店もおすすめです♪
テラス席で寛ぎながら銀杏並木を眺めるなんて、素敵ですね。
光が丘公園
住所/東京都練馬区光が丘4-1-1
アクセス/電車:都営地下鉄大江戸線「光が丘駅」から徒歩約8分
車:首都高速道路5号池袋線「高島平出口」から約18分
駐車場/あり(有料)
「光が丘公園」の詳細はこちら
明治神宮外苑【11月中旬~12月上旬】
146本の銀杏並木は圧巻!“神宮外苑いちょう祭り”の開催も
明治神宮外苑出典:じゃらん 観光ガイド明治神宮外苑
明治神宮外苑のシンボルとも言える聖徳記念絵画館と銀杏並木。

青山通りから絵画館に向かって4列に146本の銀杏が300m連なるその景観は、東京の秋を代表とする風景のひとつと言っても過言ではありません。

この“黄金ロード”、映画やドラマで見たことがある方も多いのでは?

また、2019年11月15日~12月1日には「神宮外苑いちょう祭り」が行われ、公園内では屋台や名産品店が出店されます。
夜間のライトアップを見ながら、アツアツのグルメを味わうのもおすすめですよ♪
明治神宮外苑出典:じゃらん 観光ガイド明治神宮外苑 明治神宮外苑
住所/東京都港区北青山2
アクセス/電車:JR総武線「信濃町駅」から徒歩約10分
車:首都高速4号新宿線「外苑出口」から約2分
駐車場/あり(有料)
「明治神宮外苑」の詳細はこちら
上野恩賜公園【11月中旬~12月上旬】
”芸術の秋”を感じた後は、空を覆う黄金のアーチを見上げて
上野恩賜公園出典:じゃらん 観光ガイド上野恩賜公園
都民の憩いの場になっている上野恩賜公園。
周辺には、博物館や美術館、動物園など多くの施設があり、歴史や芸術に触れることができます。
“芸術の秋“にぴったりなスポットですね♪

東京国立博物館正門のすぐ近くにある銀杏並木は、空を覆うようにアーチ状になっています。
空を見上げながら、ゆっくりと秋景色の中を歩きましょう。

また、公園のシンボル「西郷隆盛像」のバックには銀杏の大木が植えられており、正面から見た銅像が輝いて見えるほどキレイです。
上野恩賜公園出典:じゃらん 観光ガイド上野恩賜公園 上野恩賜公園
住所/東京都台東区上野公園・池之端3丁目
営業時間/5:00~23:00
定休日/年末年始
アクセス/電車:JR「上野駅」から徒歩約2分
車:首都高速道路1号上野線「上野出口」から約2分
駐車場/あり(有料)
「上野恩賜公園」の詳細はこちら
国営昭和記念公園【11月上旬~12月上旬】
水のせせらぎを聞きながら歩く銀杏の並木道
国営昭和記念公園出典:じゃらん 観光ガイド国営昭和記念公園
プールや池のボート周遊、スポーツエリアなど、レジャー要素がふんだんに盛り込まれている国営公園。

2か所ある銀杏並木は、いずれも秋の訪れを感じさせてくれます。

1つは立川口を入ってすぐの“カナールイチョウ並木”。
カナール(運河)の両側に2列ずつ106本の銀杏が約200mにわたって植えられていて、大迫力です!

もう1つはうんどう広場の横にある“かたらいのイチョウ並木”で、300mの並木道に98本の銀杏が植えられています。
この時期だけの「黄金の道」を楽しんでくださいね。
国営昭和記念公園出典:じゃらん 観光ガイド国営昭和記念公園 国営昭和記念公園
料金/大人450円、中学生以下無料、65歳以上210円
住所/東京都立川市緑町3173
営業時間/9:30~16:30(11月~2月)
アクセス/電車:JR青梅線「西立川駅」から徒歩約2分
車:中央自動車道「国立府中IC」から約30分
駐車場/あり
「国営昭和記念公園」の詳細はこちら

※この記事は2019年9月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

■消費税の税率変更に伴うお知らせ
2019年10月以降に係るお支払につきましては、施設利用時に現地にて税率変更による差額分のお支払いが発生する場合がございます。
実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ