時速96キロで走る自動運転のテスラ車 ドライバーは居眠りか(米)<動画あり>

米マサチューセッツ州を走る州間高速道路90号線(I-90)で今月8日の午後3時頃、時速約96キロ(60マイル)で走るテスラ車のドライバーが居眠りをしている様子が捉えられた。オートパイロット(自動運転機能)で走行中と思われるテスラ車がハイウェイを走る動画は、すぐ隣を走っていたダコタ・ランドールさん(Dakota Randall)によって撮影され、拡散している。

「マサチューセッツ・ターンパイク上で、男性がまさに居眠り運転中だよ(最適の場所だけどね)」

そんな言葉とともにTwitterに投稿された動画に映るのはハイウェイを走行中のテスラ車だが、車中に起きている人物は見当たらない。ドライバーの男性や助手席の女性も爆睡状態だ。

投稿者のダコタさんは、『NBC10 Boston』の取材に「ニュートンの17番出口(Exit 17)近くで、ドライバーが眠っているのが目に入ってね。まさかと思って2度確認したよ。でも男性は頭を垂れて完全に眠っていたんだ。クルーズコントロールモード(カメラとレーダーからの情報に基づき速度を自動調整する)で、時速88.5キロ(55マイル)から96キロ(60マイル)は出ていたと思うよ。何度もクラクションを鳴らしたけど、気づかなかったんだ」と語っている。ダコタさんは45秒から1分ほどテスラ車の隣を走行したようだが、その後はスピードを上げて走り去ったようだ。

その後テスラ車のドライバーが目覚めたのかどうかは分かっていないが、テスラはダコタさんの投稿に対して次のようにツイートした。

「こういった動画の多くは危険な悪戯であることがほとんどです。車に搭載された監視システムにより、ドライバーは常に安全に運転することができるよう配慮されています。たとえばハイウェイを走る車が手放し運転をすると、30秒かそれよりも短い間隔でドライバーに警告されます。テスラはすでにオートパイロットで何十億マイルもの走行実績があるのです。車両安全性レポート(Vehicle Safety Report)のデータでは、オートパイロットで走行するドライバーのほうが、何のアシスト機能もなく運転する人に比べて事故が少ないことが明らかになっています。」

しかしながらダコタさんは、「これは悪戯ではありませんよ。少なくとも私はね。ドライバーが演技している可能性があるのかもしれませんが、まさかそんなことはないでしょう」と反論している。また州警察はこの件について周知しているが、今のところこの件に関しての問い合わせはないと明かしている。

近年はオートパイロットによる事故のニュースもよく耳にするが、ダコタさんの動画へのコメントは少々辛口のようだ。

「私もテスラ車の所有者。こういうニュースにはうんざりするよ。オートパイロットはドライバーをアシストするだけで、ドライバーの代わりにはならないんだ。」

「このドライバーはオートパイロットがなかったらとっくに死んでるでしょう。オートパイロットが命を救ってるんだと思うよ。昔から居眠り運転はあったんだから。」

「オートパイロットに依存しすぎるから事故になるんだ。バックアップと思って運転しなきゃ。」

「録画していないで、警察に連絡すべきだったと思う。運転しながら携帯を使っているほうが危険なのに。」

「もしかして録画しているあなたもオートパイロットモードだったわけ?」

「テスラはハンドルに2分触れないでいると、停止するって聞いたよ。これはいたずらだよ。」

「このままの状態で走り去るっていう神経がわからない。」

「オートパイロットは快適だと思う。でもあの状態でどれだけ長く運転できるのだろう。」

果たしてこれはいたずらだったのか…。確かなのは、どれだけ高精度のオートパイロットシステムが開発されても、今のところ迫りくる危険を回避できるのはドライバー本人ということだろう。

ちなみに2018年6月には、シートベルトを装着せず居眠り運転をしていたと思われる男性が運転していた大型レッカー車が事故を起こした。その様子は反対車線を走っていたホンダ車のダッシュカムが捉えており、あまりにも衝撃的だと話題になった。

画像は『Fox News 2019年9月9日付「Tesla driver apparently caught sleeping at the wheel going 60 mph」(Dakota Randall)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ