千鳥もネコも困惑!竹中直人のクセが凄すぎる「どこにツッコんでいいのか分からない」

 ABC「相席食堂」(火曜語11・22)の17日放送は個性派俳優・竹中直人(63)が参戦。大阪・空堀商店街で“クセ”の凄すぎる相席旅を繰り広げる。

 突然、独特のキャラに入り込み、挙動不審な動きを見せる竹中。千鳥のノブ(39)、大悟(39)がともに「この人こそクセの塊」「どこにツッコんでいいのか分からない」と、早速手こずる。

 大阪城のお膝元、谷町六丁目にある空堀商店街。昭和を思い起こさせる、懐かしい景色の広がる街。そんな空堀商店街に旅人として竹中がワイングラスを片手に、映画のワンシーンのように登場、千鳥の2人が“ちょっと待てぃボタン”を押して仰天する。「27歳でお笑いデビューした」という竹中。だが、バラエティー番組の雰囲気が苦手で、キャラクターを作らないと話せなかった。千鳥も「だからか」と納得するが、竹中が突然キャラに入り暴走する。

 竹中直人が大阪に来た時に必ず立ち寄るお好み焼き屋で相席。だが、挙動不審な言動の竹中に、客が戸惑って、まさかの相席拒否でスタートする。猫カフェでは猫と相席するが、キャラ全開の竹中に猫も困惑。そんな姿に千鳥も手こずり、ボタンを押すことを放棄する。その後もツッコミどころが定まらない竹中の相席旅が続く。ついに千鳥が芸能界の大先輩に対してとんでもない暴言を吐いてしまう。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ