【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。

LiSTA

2019/9/13 22:00


みんな大好き《モノトーンコーデ》。
黒と白で簡単にコーデがまとまるスタイリングですよね♪

しかし、みんなと同じようなコーデになってしまうという難点も……。
そこで今回は、定番のモノトーンコーデを少しでも個性的に着れる方法をご紹介していきます。
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 「あれ、みんなもモノトーンコーデだ……(涙)」 【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。
比較的コーデを作りやすく、そしてハズレのない《モノトーンコーデ》。しかしながら、いつも同じようなスタイリングになってしまうというのが難点でもありますよね……。そこで今回は、定番コーデでもあるモノトーンコーデの今年らしい着こなしをご提案♪
【1】フェミニンなモノトーンコーデ
シックでクールなイメージのあるモノトーンコーデ。しかし、女性らしく見せたいときにもかなり有効な配色なのです!甘いディティールのアイテムを手に取っても、カラーで引き締まるのでバランスの良いコーデが簡単に完成しますよ。女性らしいモノトーンコーデのポイントは「ふわっとしたシルエットのスカート」をチョイスすること。柔らかい素材を選ぶことによって、甘さと辛さがほどよくMIX。甘すぎず、かっこよすぎないコーデに仕上がります♪。
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑ほどよくゆとりのあるニットで、女性らしい華奢さを強調。トップスにブラックを持ってくることによってきちんとした印象になりますよ。
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑リブニットでボディラインが綺麗に見える一枚。ハイネックでクラシカルな雰囲気に♪
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑今年の秋にほしいのはプリーツスカート。細かいプリーツによって、フェミニンなムードが高まります♡女性らしいアイテムを1点加えるだけでも、フェミニンで柔らかなコーデが完成します。辛口なイメージが強いモノトーンですが、フェミニン派さんも優しいモノトーンコーデを試してみてはいかがでしょうか?
【2】スポーティーなモノトーンコーデ
カジュアルなダウンや、スウェットを使えばスポーティーな雰囲気に。モノトーンといえば、どちらかというと高見えするイメージがあると思いますが、スポーティーさを加えることで、カジュアルコーデにもなるのです! モノトーンコーデがコンサバすぎて敬遠していた方に、ぜひトライしていただきたいスタイリングです♪
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑だぼっとパーカーが愛らしいこちらのスエット。大きめフードでほっこりムードの高いアイテムです。
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑襟を後ろに下げる“襟抜き”で今年らしく着こなす。スポーティー感をプラスするならダウンが◎。
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑ホワイトデニムで、カジュアルに。フロントスリットで動きやすく、色っぽさも叶う一着。
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑カットオフの裾でカジュアルダウン♪ストレートシルエットで大人のスポーティーをつくれます。モノトーンでもスポーティーテイストにすることで親近感のあるコーデが完成します。動きやすく、またナチュラルな雰囲気も出るので、ぜひ挑戦してみてくださいね。
【3】クラシカルなモノトーンコーデ
最後にご紹介するのは気品あるモノトーンコーデ。エレガントな雰囲気にまとめて、リッチな印象に。デコラティブなアイテムなアイテムで華やかに。ブラックアイテムでコーデを引き締めるイメージでスタイリングすると◎。
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑裾のフリルが上品かわいい一枚。ひざ下からふわっと揺れる裾が、女優さんのような雰囲気に仕上げてくれます。
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑シースルーがはいっているので、軽やかな印象に。細かいドット柄がクラシカルムードを高めます。
【モノトーンコーデのHow to】定番の中に個性というスパイスを。 出典:SHOPLIST
↑↑↑↑↑ブラックのライダースで甘さを引き算。細身シルエットで全体のバランスがコンパクトに決まります。

シンプルなモノトーンコーデも、クラシカルアイテムを取り入れることでよりオシャレで洗練された雰囲気に。
モノトーンも“私らしく”彩る♡
モノトーンをベースにしたコーデを紹介してきましたが、いかがでしたか?定番のスタイリングだからこそ、自分の個性を大切に着こなしたいですよね♡モノトーンコーデもあなたらしく、魅力的に着こなしてみてくださいね!

当記事はLiSTAの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ