『仮面ライダー555』井上敏樹脚本×村上幸平全面協力『仮面ライダー913』連載が決定


KADOKAWAは、「カイザの日(9月13日)」である13日、平成仮面ライダーシリーズでも屈指の人気作品『仮面ライダー555(ファイズ)』に登場する人気キャラクター・草加雅人を主人公としたコミック『仮面ライダー913(カイザ)』の連載を、9月27日発売の月刊コミック誌「電撃マオウ」11月号より開始することを発表した。

『仮面ライダー913』は、ドラマ『仮面ライダー555』の産みの親でもある井上敏樹氏を脚本に迎え、作画を漫画家・かのえゆうし氏が担当。 また、草加雅人を演じた村上幸平も全面協力をしており、ファンにはたまらない布陣に。連載第1話は、9月27日発売の「電撃マオウ」11月号の特別付録冊子に、井上敏樹氏と村上幸平による『仮面ライダー555』作品解説とあわせて収録予定。

また本作は、東映公式アプリ「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」でも配信。有料会員になれば『仮面ライダー913』を第1話から最新話まで(『電撃マオウ』発売日に追加更新)いつでも読み放題となる。

(C)石森プロ・東映

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ