あり得ない交通事故 ドライバーが無事だったのはなにより

ガジェット通信

2019/9/13 20:00



ドライブレコーダーが登場したことで、あおり運転や事故の様子が撮影された映像が数多く出回るようになりました。

カナダのオンタリオ州にある一本道を走行中の車に搭載されたドライブレコーダーが、あり得ない事故の様子を撮影しました。

https://www.facebook.com/Wolffysden/videos/10162211997175052/

目の前を走行していた大型トラックが、脇道へとそれた瞬間、大きくバウンドし、トラックの後ろ部分が道路沿いに建つ一軒家の屋根に乗り上げてしまいます。しばらくすると運転席から一人の男性がでてきました。派手な事故だったわりには、ドライバーは無事だったようです。



事故直後の様子。電柱と家の間にトラックがすっぽりと収まってしまっています。大惨事にならなかったのが不思議なくらいですね。



トラックが撤去された後の家の様子がこちらです。竜巻の被害を受けてしまった家のようです。

地元警察の発表によれば、トラックのドライバーの不注意で、道路脇の溝にタイヤをとられてしまったのが事故の原因とのことです。

何もない真っ直ぐな道路でもこういう大事故が起きてしまいます。気の緩みが大きな事故につながるので、くれぐれもご注意ください。

※画像とソース:

https://www.facebook.com/Wolffysden/videos/10162211997175052/

https://northernontario.ctvnews.ca/man-charged-in-crash-that-ended-with-truck-pinned-between-house-and-hydro-pole-1.4585337

https://www.cbc.ca/news/canada/sudbury/penske-truck-flips-alban-1.5277415

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ