フィギュア・坂本花織選手、荒川静香氏にプライベートな悩みを相談


フィギュアスケートのトリノ五輪金メダリスト・荒川静香氏と平昌五輪出場の坂本花織選手が、日本テレビの番組『フレンズオンアイス2019~スケーターたちの挑戦』(14日15:00~ ※関東ローカル)で対談を繰り広げる。

この番組は、8月30日から9月1日まで神奈川・新横浜スケートセンターで行われたアイスショー「フレンズオンアイス2019」の裏側に密着したもの。

坂本選手のシニア1年目での平昌五輪出場は、荒川氏がシニア1年目で長野五輪代表の切符をつかんだ1998年以来20年ぶり。2006年、荒川氏がトリノ五輪金メダルに輝いたときは、わずか5歳だった坂本選手が、荒川氏に聞きたいことを質問していく。その内容は、フィギュアスケートに関することから、19歳の女の子らしいプライベートな悩みまで、必見の内容だ。

さらに番組では、この2人が「フレンズオンアイス」で披露したプログラムのほか、平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨選手の今シーズンの新プログラムも放送。今季、“暴走しているプログラム”と表現した演技の振り付けの様子も公開される。そして、昨年現役復帰した高橋大輔選手も、今シーズンの新プログラムを披露。ビヨンセに振り付けを行う世界的振付師とタッグを組んだ迫力の演技となっている。

荒川氏は「(今年の『フレンズオンアイス』で、披露した自身の新プログラムについては)いくつかの候補曲の中から、レディー・ガガさんの曲を選びました。私の中で自分の滑ってきたイメージとは違ったものが表現できそうかなということで。パワフルだけど切ない心情を歌っている曲なので、いろいろな表情も新しく生み出せたらと思っています」とコメント。

高橋選手は「(『フレンズオンアイス』で滑る新しいショートプログラムは)The Fall Out Boy さんの『The Phoenix』。振付師はシェリル・ムラカミさん、スケートの部分はミーシャ・ジーで、2人に作ってもらったという感じです。アップテンポの曲を全然やってなかったので、アップテンポ系でお願いしていたら、まさかのまあまあなアップテンポで(笑)。ここまでかという感じだったんですけど、たくさんの曲のなかで僕自身も気に入ってこれに決めました。ご覧になる皆さんには、とにかくスッキリした気持ちになってもらえれば。ガンガン攻めていく感じなので、一瞬で終わったな、みたいに思っていただければいいのかなと思います。ぜひ楽しんでください」と呼びかけている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ