恥ずかしすぎ…!「これって運命!?」と盛り上がってしまった出来事




よく「旦那とははじめて会ったときからビビッときた」と話す既婚の方っていますよね。同じように彼と接しているうちに、「これって運命!?」とドキドキした経験のある女性もいるはず。しかし実際は単なる自分の思い込みで、我ながら恥ずかしい思いをすることも……。そこで今回は「ひとりで『これって運命!?』と盛り上がってしまった出来事」についてご紹介します。

1. バッタリ出くわした



「高校時代の初恋の相手に、道でバッタリ会った。すぐに私に気付いてくれた上に、いまでもカッコよくて思わずキュン。『もしかして運命かも』と思ったけれど、彼の『そういえば俺最近結婚したんだ!』の一言で打ち砕かれました」(20代/一般事務)

▽ 卒業して何年も会っていないのに、たまたま彼と出くわしたら驚きますよね。「もしかしたらここから恋がはじまるかも!?」と期待してしまいます。しかし人生はそううまくはいきません。「もう結婚して子どももいるんだよね!」「○○は独身なの?」なんて聞かれ、どんどん心が削られていきます。

2. 男性からグイグイ来てくれた

「初対面にもかかわらず、彼のほうからグイグイ来てくれた。私も不思議とイヤな気がしなかったので、『こうやって運命の人とは出会えるものなのかな』なんて思っていたんです。でも実際は色んな子に声を掛けている、ただのチャラい男でした……」(20代/受付)

▽ カッコいい上に優しく、かつ彼からグイグイ来てくれたら新たな恋の予感を感じますよね。でも実際はただの人たらしで、ほかの女の子にも手を出していることが判明。「運命を感じていたのは私だけだったんだな」と気づかされます。

3. いくつか共通点があった



「私は割と運命とか信じちゃうタイプなので、年齢や出身、血液型が同じなだけで盛り上がってしまったことが。でもその場では話のネタになったけれど、それ以上の関係にはなれませんでした」(30代/IT)

▽ 共通点があると会話も弾むし、お互いに親近感が出ますよね。あまりにも似ている部分が多いと、つい運命を信じてしまいます。でも共通点って考え方を変えれば「ただの偶然」とも捉えられます。そもそも運命に興味がない男性からすると、共通点があろうとも特に何とも思わないようです。

4. 気持ちを理解してくれた

「仕事で疲れていると『大丈夫?』『女の子って色々大変だよね』と声を掛けてくれる男性がいた。『こんな素敵な人に出会えてうれしい!』と幸せだったのですが、ただの優男だと判明。別に運命でも何でもなかった……」(30代/広告)

▽ 色んな女の子と交流がある、もしくは女兄弟が多いために、女性の気持ちに敏感な男性も。「こんなに優しくしてくれるんだから、きっと私のこと好きなんだよね?」と舞い上がってしまうと、あとでツラい思いをするかも……。まずは彼の性格をじっくり知っていきましょう。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ