高校中退、離婚2回…“中途半端な人生”と悩む相談者に江原啓之が喝!

TOKYO FM+

2019/9/13 17:30

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、ネガティブでマイナス思考で、自己中心的な人生を歩んできた……という相談者のメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。



江原啓之

◆何ひとつ人として誇れるものがない…
「今まで私が、ネガティブとマイナス思考と自己中な人生を歩んできたことを聞いて欲しくて、お便り致しました。

私は高校中退、専門学校も中退、離婚2回、結婚には向いていない性格だとも思います。子どもはいません。仕事はパートタイマーと、何ひとつ人として誇れるものがなく、中途半端な人生を歩んできました。今も親元で暮らし、甘えた生活をして、好き勝手な毎日を過ごしております。

親も高齢になり、私も50代前半です。今まで両親に散々迷惑をかけ倒し、江原さんから“気付くのが遅い”と、お叱りを受けるのは当たり前ですが、行く先が不安でなりません。

やる事なす事、私は中途半端な人間なので、今、この年齢になってようやく過去(を反省し)、後悔するばかりな毎日で、しんどいです。この年齢になり、人生が先細りになって見えだし、これから先、この駄目人間なネガティブな私は何の為に生きているのかとも考えます。これから先、私は何を励みに、何を目標にすれば、両親も安心させてあげる(人生を送る)ことができるのでしょうか」

◆江原からの“ことば”
「まず、根本的に考え方が間違っている。学歴やお金の話など、“すべての幸せの元は、物質的価値観だ”とあなたは言っている。“何ひとつ誇れるものがない”と言うが、私が思う“誇れる”ということは何かというと“毎日、感謝して生きること”。

中退だろうが何だろうが、あなたは生きている。“生きている”ということで誇りを持っていかないと。生き抜くことに価値があるんです。私が一番気に入らないのは“毎日を充実させていない”ということ。“今日、何をしよう”“今日、何を楽しもう”“本を読もう!”など、そういうことの積み重ね。あなたは成果主義。

学校を出たか・出ないか。そういったことで比べるのではないんです。自分でしんどくしてしまっている。自分を差別する人は、人を差別する。人を差別する人は、自分を差別する。あなたは高学歴が良いと思っているし、金持ちが良いと思っている。成果主義が良いと思っている。だから自分を差別するんです。

高学歴でも不幸な人はいっぱいいる。お金を持っていても不幸な人もいっぱいいる。思考を変えて、運命を変えていってくださいね」

◆江原啓之 今夜の格言
「気をつけましょう。思考は運命までも変えます」
「身体も心も浄化、デトックスしましょう」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月16日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/oto/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ