ANA、成田空港で自動手荷物預け機の利用開始 9月17日から

Traicy

2019/9/13 16:59

全日本空輸(ANA)は、成田空港で自動手荷物預け機のサービスを、9月17日午前9時30分よりより開始する。

すでに国内5空港に全自動手荷物預け機を導入しているものの、国際線での展開は初めてとなる。

まずは第1ターミナル南ウイングDゾーンのE側10台からスタートする。年内にはDゾーンのC側に10台を設置し、サービスを開始する。対応言語は日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語。対象路線はANA運航の国際線で、アメリカ路線は年内にもサービスを開始することを予定している。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ