夫婦は合わせ鏡? 趣味が真逆の夫の態度に傷ついてきたけど逆の立場では…【泣いて! 笑って! グラハムコソダテ Vol.34】

うちの夫は出不精です。いわゆるインドア派。私はというと、どちらかといえばアウトドア派。天気の良い休日は、なるべくなら外でレジャーを楽しみたいタイプです。なので…

私「今度の休日は、公園に行こうよ!」
夫「えー…疲れてるんだよ」
子どもたち「行きたい! 行きたい!」

とまあ、こんな感じで夫は本当はいやだけど、しぶしぶ行く。というパターンが結構あります。もちろん夫抜きで、私と子どもたちのみで行くこともあるし、夫の希望に合わせて家でゆっくり過ごす日もあります。

休日の家族レジャーに夫が参加するのは、5割くらいかなぁ~という感じ。

しかし夫がレジャーに参加した場合。現地に着いても…

■家族レジャーで不機嫌そうな態度の夫

グラハム子

こんな感じで、イラっとするし、悲しい思いをすることが多いです。

そんな夫にも、唯一のアウトドア趣味があります。それが「釣り」。釣りだったら嫌がらずに出かけます。

今年の夏休みは、家族で釣りに行きました。私は「普段はやらないけど、今までの人生で何回かは釣りをやったことがある」という感じ。そして、私が今まで経験した釣りは、すべて「生きていない餌」を使ったものでした。

しかし今回の釣りは「生き餌」を使った釣り。「イソメ」という生き物を、生きたまま餌にして使いました。

■夫の趣味を家族で楽しもうと思ったけど
グラハム子
グラハム子

もともと虫が苦手な私。なんでこんな気持ち悪い作業をしなくちゃいけないのか。せめてこんな作業があると事前にわかっていたなら、ビニール手袋のひとつでも用意できたのに…。もうテンションはガタ落ちです。

すると夫から…

グラハム子

この言葉で私もプツンっとキレてしまいました。

■家族を不快にさせない態度も「思いやり」
グラハム子

そしてこのセリフを自分で言ったあと、 私自身も、今までの夫の気持ちをわかっていなかったんだと、ハッとしました。

「乗り気じゃないレジャーにしぶしぶ参加する」これって結構、苦痛です。でも「しぶしぶだからといって、始終、つまらなそうな態度」だったら、それもまた見ている方は不快だと思います。

今まで私たち夫婦は「お互いの気持ちに寄り添えていなかったんだなぁ」と思いました。それに気づけたことが、今回の釣りでの一番の収穫でした。

自分の気持ちに素直なのは決して悪いことではないけれど、一緒に行動している相手がいる以上、相手を不快にさせないように気をつけるのは当たり前の思いやりではないでしょうか。

そんな当たり前の思いやりを自分は忘れてしまっていたのだな、と反省しました。

また、このことをきっかけに、夫も少し態度が改まったように感じます。

世の中にはいろいろな人がいます。いろんな価値観・考え方があって、それは全て悪くない。自分と違うからといって、責めるのは違いますよね。

せっかく夫婦になったのだから、お互いを尊重しつつ、お互いが無理せず楽しめる。そんな過ごし方・生き方を心がけていきたいと思っています。
(グラハム子)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ