元HKT48兒玉遥、卒業後初舞台で自己暗示「自信あります!」


HKT48の兒玉遥が13日、東京・新国立劇場 小劇場で行われた舞台『私に会いに来て』の囲み取材に、藤田玲、中村優一、西葉瑞希、グァンス(SUPERNOVA)、栗原英雄とともに出席。グループ卒業後初仕事となる同舞台への意気込みを語った。

兒玉は「稽古場からみんなで丁寧に作り上げていって、とても良い作品に仕上がっていると思います。見に来て下さったら200%良かったって思える舞台だと思うので、ぜひいろんな人に見てもらいたいです」とアピール。HKT48のメンバーも何人か来てくれると連絡をもらったという。

そして、「稽古中はうまくできなくて悩んだ日々もあったんですけど、みなさんが丁寧にアドバイスくださったり、お芝居に対して協力してくださったので、今まで練習してきたことを信じて本番に挑むのみだなって思います」と力を込め、自信を聞かれると「自信はあります! できます! って自己暗示してます」と笑いながら返答。すると栗原が「すごい努力していますよ。変わった兒玉さんを見てもらえると思います」と太鼓判を押した。

また、今後の活動への意気込みを改めて聞かれると、兒玉は「今までいろんな方に、ファンのみなさんに支えてもらって今の自分があると思っているので、特別に女優になったからこう変わろうというのはないんですけど、そういった方々に恩返しができるように頑張ろうと思っています」と語った。

同作は、実際の殺人事件の資料をもとに創作されたラブサスペンス。次々と起こる猟奇的殺人事件の捜査を担当するためソウルから若手キム・インジュン刑事(藤田玲)が華城警察署に派遣され、怪しい人物を取り調べていくものの、決定的な証拠がつかめず焦りはつのるばかり。そんな中、キム刑事に惚れる茶房の従業員ミスキム(西葉瑞希)との恋愛や、チョ・ナンホ刑事(中村優一)とパク・ヨンオク記者(兒玉遥)の秘めた関係など、捜査本部の人間模様を描く。

舞台『私に会いに来て』は、9月13~16日に東京・新国立劇場 小劇場、9月19~20日に大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ