紗栄子、支援物資を持って千葉へ ”気配りあふれる投稿”に注目集まる

しらべぇ

2019/9/13 14:00




タレントの紗栄子が12日、自身のインスタグラムを更新。台風15号の影響で、いまだ多くの地域が停電、断水の状態にある千葉県南部に入り、支援物資を送り届けたことを報告した。彼女の優しさあふれる投稿に注目が集まっている。

■物資を自ら届ける


この日、紗栄子は千葉県鋸南町に物資を届けに行って来たことを報告。もともと、出発前に役所に尋ねたところ「保存がきく食料のほうが助かります」とのことだったが、「今必要とされているものはお水などの飲料水、大人用と子供用のおむつ、トイレットぺーパーや体拭きシート」と続ける。

そして、「今回伺った鋸南町は、高速も、高速を降りてからも道が混むこともなく、都内から車で1時間半ほどで到着いたしました」と続け、「支援したいけど自主的に行えば逆に迷惑になってしまうのでは」という、人々が抱きやすい疑問を解消。

「都内や千葉近郊にお住まいになられてお車をお持ちのかたで、何かしたくても何をしたらいいのかわからないというかたがいらっしゃいましたら、是非、鋸南小学校まで物資をお届けくださいませ」と述べた。


関連記事:木下優樹菜、被災者からの悲痛な訴えを拡散 一部で批判の声があがるワケとは

■物資を調達し運ぶうえでの注意点も


そのうえで紗栄子は「物資の調達の際は1店で買い占めてしまわないよう、何店舗か回られて調達することをお勧めいたします」「バラバラのアイテムよりも、同じアイテムをまとめてお届けしたほうが、現場で仕分けされる皆様の負担になりません」と呼びかける。

現場に足を運んでいるからこその、具体的かつ説得力に満ちたアドバイスだ。




ただ今、千葉県鋸南町に物資を届けに行って参りました。 鋸南小学校で物資の受付をされており、今必要とされているものはお水などの飲料水、大人用と子供用のおむつ、トイレットぺーパーや体拭きシートなどと伺いました。 今朝、役所のかたにお話を伺った際には保存がきく食料のほうが助かりますとのことでしたが、都内を出るときにパン屋さんにお願いしていたパンも持って行ったのですが、そちらも大変喜ばれておりました。 いつも震災が起きた時に、個人で動くことが渋滞などを起こしてしまう原因となって地元の皆様の生活に支障をきたしてしまったり、自衛隊や支援団体の活動の邪魔になってしまうのではないかと懸念いたしますが、今回伺った鋸南町は、高速も、高速を降りてからも道が混むこともなく、都内から車で1時間半ほどで到着いたしました。 都内や千葉近郊にお住まいになられてお車をお持ちのかたで、何かしたくても何をしたらいいのかわからないというかたがいらっしゃいましたら、是非、鋸南小学校まで物資をお届けくださいませ。 ただ、高速を降りてからの道は信号が機能しておりませんので、くれぐれも運転は気をつけてください。 明るい時間に移動されることをお勧めいたします。 そして、物資の調達の際は1店で買い占めてしまわないよう、何店舗か回られて調達することをお勧めいたします。 バラバラのアイテムよりも、同じアイテムをまとめてお届けしたほうが、現場で仕分けされる皆様の負担になりませんので、参考にしていただければ幸いです。 鋸南町では近くの役場と連携をし、鋸南小学校で集まった物資を各役場に配布して住民の皆様にお配りしてくださるみたいです。 そして、ご自身で物資を取りに行くことの出来ないお年寄りのかたたちへの物資の配布も富津市の社会福祉協議会と連携を取り、しっかりと行き渡るように動いてくださるみたいです。 今日、私が伺った際にも自衛隊の皆様や県外からの作業車もお見かけし、地元の皆様も復興作業にあたっておりました。 昼夜を通して復旧作業を行っていらっしゃるたくさんの東電の作業員の皆様にも頭があがりません。 それぞれがそれぞれにできることがあります。 どうか支援の輪が広がりますように。 そして被災された皆様の日常が1日も早く戻りますことを心よりお祈りいたします。 #千葉#prayforchiba

A post shared by SAEKO♡ (@saekoofficial) on Sep 12, 2019 at 2:37am PDT



■「オムツ」というチョイスに注目も


コメント欄では彼女の迅速な行動に称賛が集まる一方、写真にうつったオムツに注目する人も少なくない。救援物資と言えば、カップ麺等の食料や水などを浮かべがちだが、生活するうえで必要となる物は他にもたくさん存在するワケで、とくに消耗品は重要だ。

中には紗栄子が使用したと見られる車の写真もあり、そこにもばっちりオムツが写り込んでいる。これまでにも熊本地震で被災地を訪れ炊き出しを行なったり、平成30年7月豪雨へ寄付をするなど、ボランティア活動に熱心なことで知られる紗栄子ならではのチョイスと気配りが垣間見える。

「トイレだとか困るから大人用、子供用オムツは必要だと思います」


「オムツ等の消耗品は喜ばれると思います。ネットで調べたら、増税前ということもあり、一時的とは思いますが品薄になっていました。ありがとうございます」


「お年寄り用のオムツは、想像以上に必要になりますし、水も飲ませてあげないと病気もですが認知症にも繋がります。赤ちゃんは抱えて動けますが、お年寄りはそう簡単に出来ません! 1人でも多くのお年寄りに、オムツや水が行き届きますように」


幸いにも関東地方は暑さのピークが過ぎた感じも受けるが、それでも水や電気、食料のない生活が苦しいものなのは変わらない。一秒でも早く、元通りの生活が送れることを願いたい。

・合わせて読みたい→紗栄子、開脚写真公開も“お腹”に注目集まる 「スゴい…」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ