眞子さま結婚にノーコメントの紀子さま 「さっぱり意味がわからない」「地獄」と批判が殺到

wezzy

2019/9/12 20:05


 9月11日、秋篠宮紀子さまが53歳のお誕生日を迎えられた。これに先立ち、紀子さまは宮内記者の質問に文書で回答されたが、長女・眞子さまと小室圭さんのご結婚延期問題については「長女の気持ちを推測するなどして現状や今後についてお伝えすることは、控えたいと思います」と明言を避けている。

しかし小室圭さんの諸問題によって秋篠宮家に対しても批判の嵐が吹き荒んでいるネットでは、こうした紀子さまのご回答に「納得できない」という意見も多いようだ。

Yahoo!ニュースのコメント欄には、「さっぱり意味がわからない。具体性に乏しい」「自分の娘なのにまるで他人事のようで驚きました」「せめてなにかひと言、小室問題についての回答があっても良かったと思います」「国民の血税で生活してるんだから、長女の結婚問題はちゃんと説明する義務があると思う」「行くも地獄戻るも地獄。そろそろ覚悟を決めた方がいい」「とにかく小室との縁を早く切ってください」などと批判的な意見ばかりが大量に並んでいる。

秋篠宮家の長女・眞子さまの“結婚の見通し”については、記者から次のような質問があった。

<眞子さまと小室圭さんの結婚の延期について、母親として眞子さまのお気持ちをどのように感じられ、今後どのように進んでいってほしいとお考えか、現在の状況とともにお聞かせ下さい。結婚について何かアドバイスをされたり、話し合ったりされていることはありますか。佳子さまの結婚や将来についてはいかがですか>

これに対し、紀子さまは次のように答えを寄せられている。

<延期のことも含め、現在、長女は、さまざまな思いを抱えていると思います。このような状況で、長女の気持ちを推測するなどして現状や今後についてお伝えすることは、控えたいと思います。また、次女の将来については、本人が深く考え、歩んでいくことを期待しております。
 そして、長女も次女も、それぞれがよき人生を歩み、これまで2人の成長を支えてくださった方々にも喜んでいただけるよう、将来を築いていってほしいと願っております>
消えない“小室圭ゴシップ”
 紀子さまのご回答は、母として娘の将来を思いつつ、娘を一個人としてみなし、尊重する気持ちが表れたものだろう。

眞子さまと小室圭さんのご結婚問題について“事実上の無回答”であったことは、現時点では最も適切な回答だったというよりほかない。なにしろ、問題の早期解決はもはや無理なのだ。

小室圭さんは現在アメリカに留学中であり、帰国は数年先になる予定だ。弁護士資格を取って生活の基盤を整えるまでにはさらに時間がかかるだろう。弁護士として働くかどうかもまだプランを練っている最中だという。

また母親・佳代さんの元婚約者に借りた金銭問題についても、ようやく話し合いの席が設けられる段階にはなったが解決にはまだほど遠い。事態の進展がない以上は、<将来についてはいかがですか>と聞かれても困ってしまうだろう。

「2020年まで延期」迫る決断の時
 秋篠宮文仁親王は昨年11月に行われた誕生日会見の場にて、お二人のご結婚を認めるためには「国民の祝福」を得られる状況になることだと明言された。

しかしあれから一年、未だに週刊誌やテレビは“小室圭ゴシップ”を騒々しく世間に広め続けており、「国民の祝福」が得られる状況には程遠い。

むしろ今では前述の紀子さまへの批判にも顕著なように、世間の批判は秋篠宮家にまで及んでおり、解決は近づくどころか遠ざかってすらいる。

ただし、眞子さまのご結婚に対する意思は固いと伝えられており、今なお破談とはならないことからも、確かに眞子さまには小室圭さんへの信頼があるのだろう。

この問題にもいずれは“決断”のリミットが来る。宮内庁は眞子さまと小室圭さんについて、「2020年まで婚約・結婚の儀式を延期する」としている。2019年も残り3カ月半、そのときは近い。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ