週間 季節戻る 猛暑や熱帯夜も 南には台風のたまご

日直予報士

2019/9/13 11:54

きょうは秋の空気に覆われますが、その先は暑さが戻りそう。東海以西では猛暑や熱帯夜も。日本の南には台風のたまごである熱帯低気圧。今後の動向に注意。

●あす14日(土)の天気

【天気】あすは広い範囲で晴れるでしょう。ただ、雨具の必要な所もあります。
北海道は、次第に前線が近づくため、夜は北部から雨雲が広がってくるでしょう。
東海から西は、あすも湿った空気が流れ込むため、午前を中心ににわか雨の所がありそうです。
【気温】最低気温は全国的に平年並みで、関東から西も涼しいでしょう。最高気温は、この時期としては高い所が多い見込みです。北海道は25度前後、東北と関東は28度くらいの所が多いでしょう。北陸や東海から西は広く30度以上の予想です。

●あさって以降

【天気の傾向】あさって15日(日)は、北海道は前線の通過に伴い雨が降るでしょう。また、東北や関東でも午後は雨雲が次第に広がり、日差しのある東海から西も所々で雨雲が湧きそうです。16日(月:敬老の日)は、本州の太平洋沿岸に沿うように前線が延び、東北の太平洋側や関東、東海、近畿にかけて雨。雨脚の強まることもありそうです。その先は、全国的に晴れる日が多いでしょう。
【気温の傾向】平年並みか高くなるでしょう。北海道では厳しい残暑はなさそうですが、東北や北陸、関東は、日中は30度くらいまで上がる日が多く、屋外の作業やスポーツは熱中症対策が欠かせません。東海から西は、日中は広く30度を超えて、特に17日(火)頃までは35度くらいまで上がる所もあるでしょう。夜も気温があまり下がらず、沿岸部を中心に熱帯夜が戻りそうです。

●南には熱帯低気圧

図は、きょう13日午前9時の実況天気図。フィリピンの東に熱帯低気圧があります。今後、次第に台風へと発達することが予想されています。沖縄では、あす14日(土)から大東島地方を中心に波が高くなり、次第に大シケとなるおそれがあります。
その先、西へ進むか、北上してくるか、現時点ではまだ予想がかなり難しい状況で、今後の動向に注意が必要です。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ