千葉市、Amazon「ほしい物リスト」で物資寄付のお願い 被災者支援のためのブルーシート不足

BIGLOBEニュース

2019/9/13 10:11


台風15号の被害により停電が続く千葉県千葉市は12日、被災者支援のための物資が不足しているとして、Amazonを利用した寄付の募集を開始した。

千葉市は、Amazonの気になる商品を一覧にする機能「ほしい物リスト」を活用。「千葉市のAmazonほしい物リストのページ」から掲載されている商品を購入すると、千葉市役所に送ることができる。現在、千葉市に不足しているのは、ブルーシート。寄付にあたっては、すぐにカートに入れるのではなく、「新品」「新品の出品」を選び、お届け予定日が早い物を購入するよう注意を呼びかけている。

熊谷俊人市長によると、「ほしい物リスト」の活用は、千葉市動物公園で取り入れて好評だったことから採用。「本当はお金の寄付が多用途に活用でき、被災者に見舞金のような形でも渡せるので一番良いわけですが、どうしても目に見える形で寄附したいという方もいるので」としている。

当記事はBIGLOBEニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ