「氣志團万博にご来場のみんなへ」綾小路翔、千葉県被災者への配慮を求めるお願い

ロックバンド・氣志團の綾小路翔が12日、インスタグラムを更新。「氣志團万博2019にご来場のみんなへ」として長文を綴った。同音楽フェスは14・15日に千葉県の袖ケ浦海浜公園で開催されるが、県外からの来場者が多数予想されている。千葉県は台風15号の影響で一部地域が停電、断水、食糧不足などに見舞われていることから、彼は被災者への配慮を呼びかけた。

「氣志團万博2019」の開催については、11日までに予定通り行う意向であることを『綾小路翔 showayanocozey Instagram』で示している。12日の更新では、特に千葉県外から会場入りするファンに向けて「現地では氣志團万博会場内・ホテル以外では飲食物をなるべく買わない」「お車でお越しのみんなは、各々の出発地でフルタン給油して来て下さい」「渋滞を発生させないよう、時間には余裕をもって行動して頂ければ」とし、食べ物に関しては会場内で美味しい食事を用意しているのでそこを利用して頂きたい旨を綴っている。また会場付近の道で大声を出したり、ゴミのポイ捨ては絶対にやめて欲しいと訴えた。

この綾小路翔のファンへのお願いに、「大好きな氣志團万博、氣志團、そして翔やんに迷惑かけれません! ちゃんと協力します」「“お願い”必ず守りますし、募金も参加します。こちらこそ翔やんに絶対恥かかせないし、翔やんの顔に泥塗りません」「開催を応援してくれる千葉の皆さんの気持ちも、主催される皆さんの気持ちを無駄にしない様に目いっぱい楽しみたいと思います」「守るべきマナーを守って、災害に屈しない、千葉の力を全国に見せつけてやりましょう!!」と心強いコメントが数多く寄せられ、彼もさぞ嬉しかったことだろう。

だが一方で、「地元の開催を延期して欲しいという声は届かない願いなのですか?」「信号機がついてない、歩道に街灯がないかもしれない状態で来場者の安全を守れるのですか?」「疲弊してる土地で楽しめるのはその参加者だけ。自己満」「今回の決定は、今後の開催にも関わることだと思います。来場者への注意喚起、周りの方への配慮、今一度徹底して欲しい」と大変厳しい声もあがっている。

また氣志團万博が行われる週末の土日は、被災地に住む親族や友人を心配した県外の人が多数車で訪れることが予想される。そのためツイッター上では、両日の交通渋滞を心配する声も見受けられた。

画像2枚目は『綾小路翔 2019年9月12日付Instagram「【氣志團万博2019にご来場のみんなへ、綾小路 翔からのお願い】」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ