小宮有紗、『べしゃり暮らし』最終回でキスシーン


女優の小宮有紗が、14日に放送されるテレビ朝日系ドラマ『べしゃり暮らし』(毎週土曜 23:15~)の最終回に出演する。

最終回では、「漫才新人グランプリ」での優勝を目指す圭右(間宮祥太朗)と辻本(渡辺大知)のコンビ・べしゃり暮らしが、1次予選に出場する。

小宮が演じるのは岡本美里というお笑い好きの女性。出番を待つ辻本の前に現れ、彼がかつて静代(小芝風花)と組んでいたコンビ・SHIZU-JUNの頃からずっとファンだったと言い、にこやかに握手を求める。

辻本も古くからのファンの応援に気を良くし、握手に応じるが、客席からべしゃり暮らしの漫才を眺める美里の様子に異変が。それを目の当たりにした辻本も気が気ではなく、ネタに集中できない状況に陥ってしまう。

さらにその後、小宮演じる岡本は、まさかの相手とキスシーンも。彼女のキスに含まれた衝撃的な意味とは。そして圭右と辻本のコンビ・べしゃり暮らしはどのような結末を迎えるのか。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ