ブラッド・ピット「人間の葛藤にスポットを当てられることが映画の魅力」 「コイの話なら1時間でもできる」

テレビファン

2019/9/13 07:57


 映画『アド・アストラ』の記者会見が12日、東京都内の日本科学未来館で行われ、主演のブラッド・ピットが登壇。台風の影響で来日が遅れたが、「コイの養殖を見学したい。コイの話なら1時間でもできる」と力説した。会見後のトークコーナーには日本人宇宙飛行士の毛利衛氏と山崎直子氏も登場した。

本作は、宇宙飛行士のロイ(ピット)が、太陽系の彼方で消息を絶った父(トミー・リー・ジョーンズ)と、彼が残したある謎の答えを探すために宇宙へと旅立つ様子を描く。

ピットは、製作と主演を兼任したことについて「昼間は俳優、朝と夜はプロデューサーと分けて作業した。撮影が終わった後の、音楽や編集にも関わったので、まるでルービックキューブをやっているような感覚だった。でも、今回の一番のチャレンジは、宇宙服を着て撮影をしたこと」と語った。

初の宇宙飛行士役については「まるでピーターパンのように、重い宇宙服を着てワイヤでつるされて、くるくる回されたり、上げたり降ろされたりした。どこまで吐かずに耐えられるか、という感じだった。かなりきつかった」と、苦労を語った。

「今後は俳優業をセーブするという報道もあったが」という質問には、「自分が本当に心引かれるものには今後も参加していくつもり。俳優もプロデューサーも両方やっていく」と答えた。

「プロデューサーとして重視したこと」を聞かれると、「実際に海王星には行けないので、いかにリアリティーを出すかを考えた。あまりCGに頼らず、昔ながらのスタイルで撮ったので、アナログとCGをブレンドしたような形になった。その分、体験的なものになったので真実味が出た」と胸を張った。

また、映画のテーマを「存在価値を見失った男の葛藤と自分探しの旅。その深遠な人間のミステリーを象徴するのが宇宙。主人公は銀河系の彼方で自身自身と向き合わなければならない。そうした人間の葛藤にスポットを当てられることが映画の魅力。そこに引かれる」と語った。

映画は9月20日から全国ロードショー。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ