風間俊介、ヘヴィな役から寄り添い系男子へ…令和を体現する役者に


創始者ジャニーさんが亡くなって、激動中のジャニーズファミリー。ジャニーズといえば歌って踊って演技して、と音楽活動は必須な印象だが、なかには俳優活動のみの者たちがいる。そのひとりが風間俊介だ。

1999年、『3年B組金八先生(第5シリーズ)』の生徒役で注目を受け(金八の生徒役はジャニーズの登竜門のひとつ)、以後、ジャニーズの演技派として活動し、2011年、坂元裕二脚本の『それでも、生きてゆく』(フジテレビ)で大竹しのぶと壮絶な演技バトルを見せ、その真価を示したのち、12年『純と愛』のヒロイン(夏菜)の相手役で朝ドラデビューした。これが朝ドラ史上稀に見る問題作で、風間の役は人の心が読める超能力がある(朝ドラでそれ!)。双子!(朝ドラには双子ものはある) ダークな面を垣間見せる!(朝ドラで!)ラストまで脳腫瘍で意識のないまま寝たきり(朝ドラで!)。……というなんだか設定を盛り盛りでの登板となった。ヒロインもかなり問題児で、それもあって風間俊介の印象も強く残ることになった。

風間の役・愛(いとし)くんが、超能力だとか精神面に問題があるとかいう設定になったのは、『金八』『それでも、生きてゆく』で心の病んでいる人物をみごとに演じていたからではないかと想像する(あくまで想像です)。一時期、ドラマでクレージーな人物を鮮やかに演じると演技派として認められるというような傾向があって、ジャニーズも『演技者。』シリーズなどでちょっとヘヴィな題材に挑戦するようになっていた。風間俊介もそのつぶらな瞳の童顔から他者が抱く善良という印象を大きく逆のベクトルにひっくり返す役が十八番となり、ジャニーズの演技派の座を獲得したというわけだ。

ところがここ数年は、日常でヘヴィなことが起こるようなものよりも、ハートウォーミングなドラマを求める傾向が強くなっていて、それに伴い、風間俊介もあったか系の役を多くやるようになった。思えば、『純と愛』が契機の一端かもしれない。愛くんの悲劇がドラマの傾向を変えたのかも。すごいぞ、風間俊介。
○■日本の男子の中央値

そして、風間俊介は、穏やかな日常、優しいパートナー路線を歩みだすのであった。

今年の4月から1年間の予定で放送されている『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系 月~金曜 12:30~)では、戦前戦後、山梨の田舎で暮らす家族の三男坊・根来公平役。"ついてない男"で何かにつけ損ばかりしているが純朴で、次男の子供を宿した女性と結婚し、子供の父となるという重責を背負った。余談だが、これ、同じく倉本聰脚本のドラマ『拝啓、父上様』(07年)で二宮和也が演じた役は父親が誰かわからない設定だったことを思わせる。

話を戻して。この公平、長男、次男と比べるとぼんやりしているのだが、いろんな人たちとの出会いを経て、考えを深め、成長していく。大ヒット作『北の国から』の吉岡秀隆演じる純くん(おお、純)が昭和の日本の男子のロールモデルだとしたら、公平が戦前戦後に日本の少年のロールモデルだ。それを担わされたことが風間の実力を証明しているといえそう。まだ十代の少年時代から演じていて、この原稿を書いている段階では19歳。それがちっとも無理なく多感な少年に見える。どうしても童顔な男性は “とっちゃん坊や”になる危険を抱えているのだが、風間俊介はびっくりするほど少年顔のままだ。

7月クールは月9『監察医 朝顔』(フジテレビ系 月曜21時~)でも9月2日放送の8話で「童顔」と言われる場面があり、その個性を包み隠さない。

『朝顔』では、主人公・朝顔の夫・真也を演じている。おもしろいのは、こちらも『やすらぎの刻』と同じ、愛する人(結果的に妻になる)に、過ぎるほど誠実に尽くす人物だ。もう一時期のやばいキャラはすっかり卒業。見た目どおりの善良な寄り添い系に徹している。『やすらぎの刻』では妻子のために戦争に行かなくて済むように自ら車に足を引かれるという命知らずの行為に出る。

『朝顔』では、母が東日本大震災で行方不明になっている朝顔の癒えない気持ちを自分のことのように受け止めて涙する。そしていきなりのプロポーズ。『やすらぎ』はトゥーマッチな気もしないではないが、ドラマなんだからそれくらいやってもいい。『朝顔』での、悲しいときも、子供ができて嬉しいときも、素直に涙する姿はすてきだ。朝顔がちょっと素直に感情を出せない分、フォローしている感じもして。見ている側としてはこんな人がいてくれたらいいなあとしみじみ。プロポーズの場所選びを朝顔にツッコまれるが、傍から見たら、素朴でいいじゃないかーと思ったりもして。それだけ風間俊介がかばいたくなるオーラを漂わせているのである。おそらく、女性層のみならず、むしろ、男性層に共感されるのではないだろうか。平成から令和の働く夫のロールモデルが真也。昭和、平成、令和と日本の男性の中央値を体現するのが風間俊介なのかもしれない。

さて。真也の仕事は刑事。妻の父(時任三郎)が上司という、舅と婿(婿養子ではない)刑事というほっこりした世界観だが、猟奇的な現場に赴くこともあるわけで、昔のやばい風間俊介、顔出さないかなあなんて期待も少々(ないと思うが)。それこそ、過去ワケありで更生したみたいな。懐になにか隠していそうな風間の危うさみたいなことがドラマを単なるほっこりホームドラマではなく、朝顔と家族が生と死の間の緊張感を生きていることを伝えてくる。さすがジャニーズきっての演技派。来年は大河ドラマ『麒麟がくる』で徳川家康役である。日本の男子の中央値だった風間俊介が戦国時代のリーダー・狸親父をどう演じるか。またしても時代の変化を起こすかもしれない。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ