「できるデブ/できないデブ」の言動はどこが違う?合コン女子に聞いた

日刊SPA!

2019/9/13 08:54

―[「選ばれるデブ」の共通点]―

デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイルウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。

以前、企画で30代前後の大人女子とポッチャリ男子の合コンを企画したことがあるのですが、やはり結婚適齢期を向かえた女性たちはビジュアルよりも会話や仕草、そして、社会で生き残るための「コミュニケーション能力」が男性を選ぶキーポイントであることを改めて感じました。

彼女たちから合コン後、取材した「できるデブ」「できないデブ」についての生の声を紹介しましょう。空気を読めないデブは見事にあっという間に女性の眼中から外されてしまいますよ!

◆「コミュ力」がジャッジされるオーダー

◎「できるデブ」のオーダーあるある

・オーダーの仕方がさりげない

・たとえ自分がコッテリや揚げ物好きでも、オーダーはサラダや酢の物まで女性への気配りを怠らない

・コースよりアラカルトを選び、さまざまなメニューをを楽しめるようにする

・値段を気にせず、おいしそうなものを頼む

・店員に優しい

・デザートまでしっかりオーダーしてくれる

×「できないデブ」のオーダーあるある

・「さっきキミがオーダ-してたの、前に食べたけどイマイチだったよ(先に言え!)

・野菜料理が来ると「オレ、野菜はいいや」とか大きな声で言う

・料理の中に嫌いなものがあるといちいち取り除く(なんかキモい)

・店員にいちいち難癖をつける

◆「できるデブ」はがっつり食べながらも気配る

◎「できるデブ」の行動あるある

・大皿を軽く持ち上げて片付ける仕草が気配りと力強さを感じる

・おいしいお店のメニューをすぐにシェアしてくれる

・二軒目でもご飯があるお店をチョイス

・サラダが来たら取り分けてくれる

・マイタオル持参。汗をかきやすいのでこまめに汗を拭くところに清潔感あり

×「できないデブ」の行動あるある

・動きどうのこうのより姿勢が悪い

・どう見ても狭いスペースなのに無理に入ってくる

・おしゃれを諦めているのに、やたら鏡を気にする

・目を合わせない

・つまらない態度をして周りの温度を下げる

◆自分のことを棚にあげる「できないデブ」

◎「できるデブ」の会話あるある

・とにかく場を盛り上げようとしてくれる

・軽い自虐ネタでみんなを笑わせる

・「おいしいね!」とほんとにおいしそうに食べる(見ていて幸せになる)

・女子がオーダーした料理を「それいいねー」と褒めてくれる

・食べながらなのに、ちゃんと話を聞いてくれる

・会話にセクハラネタが少なく安心できる

×「できないデブ」の会話あるある

・自分が太ってるのに「太った?」とか聞いてくる

・自虐ネタが重すぎて聞くのが嫌になる

・デブのくせに「オレ、イケてるでしょ?」感はウザい

・店や料理の悪口をやたら言う

・ひとりでA級グルメを気取ってやたらうんちくを語る

・ひとり言のような小さい声

◆デブこそ食べ方には人一倍の気遣いが必要

◎「できるデブ」の食べ方あるある

・何でもおいしそうに食べる

・ちょっとイマイチ……という料理でも「大丈夫!」と全部食べてくれる

・一口一口が大きくて気持ちいい

・太い指なのにお箸の使い方が繊細

・食べきれなくて残しそうなものでも「オレが全部食べるから大丈夫だよ」と残さず食べてくれる

・いちいちカロリーを気にしないおおらかな食べっぷり

×「できないデブ」の食べ方あるある

・肉料理にしか手を付けない

・人数分しかきていないのにほかの人の分まで食べようとする

・食べ方が汚らしくクチャクチャ食べる

・まだ料理が口に入ってるのにしゃべるから飛び散る

もう太っていようが痩せていようが関係ない人としてのマナーの部分もありますが、「できるデブ」の行動はそのビジュアルとの差で「ギャップ萌」な現象が起こりより好感度が上がり、逆に「できないデブ」の行動はビジュアルにより不快感をより与えてしまうという結果になるのでご注意を。

ということで、この結果でもおわかりの通り、「太っているから……」「かっこよくないから……」、そんなことで女性からの評価が決まらないことは明確かと思います。

見た目にこだわるのは10~20代の女性は多いですが、大人の女性は「自信過剰なガリ男よりコミュ力や清潔感を持ったポチャメンのほうが魅力的」というのが検証結果でした。

これを読んでいるデブ諸氏に感じていただきたいのは変にかっこつけるくらいなら自分の体型を武器に、女性を楽しく、優しく、和ませる方法を選んだほうが勝率は高くなるかもしれませんよ。お試しください!

―[「選ばれるデブ」の共通点]―

【倉科典仁】

渋谷系ファッション雑誌『MEN’S KNUCKLE』や暴走族雑誌『ティーンズロード』などエッジの効いた若者カルチャーをテーマにした雑誌を多数手掛ける。現在はウェブマガジン『Mr.babe』でデブに特化したファッション&ライフスタイル情報を毎日配信中。2019年9月よりデブ限定の会員制オンラインサロン「Mr.babe BIG MAN’s LABO」を開設。大きな男たちだけで日本の経済を向上させるべく奮闘中

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ