ネット動画が楽しめるモニター付きスピーカー

ラジオライフ.com

2019/9/13 07:05


パナソニックからユニークなワイヤレススピーカーシステムが発売されました。円筒形のBluetoothスピーカーに、ディスプレイを装着したような外観で、スマホのキャスト再生によってYouTube動画などの“ながら視聴”が可能。ワイヤレススピーカーの便利な機能をチェックしていきましょう。

ネット動画が楽しめるモニター付きスピーカー

モニター搭載ワイヤレススピーカー


パナソニックの「SC-VA1」(実勢価格:32,270円)は、10V型モニターを搭載したミニワイヤレススピーカーシステム。同一ネットワーク内にあるスマホのキャスト再生に対応し、YouTubeやNetflixといった動画配信サービスの動画を再生できます。

キャスト再生なので、スマホで別の操作をしながら動画の“ながら視聴”が可能。例えば、「SC-VA1」でお気に入りのミュージックビデオを再生しながら、スマホではゲームをプレイといったような楽しみ方も可能です。スマホよりも大きい10V型のモニターで、快適に動画を見られるのは、大きなメリットでしょう。

ちなみに、DAZN・dTV・Hulu・Paraviといった各種動画配信サービスにも対応しているほか、radikoも利用可能です。通常のBluetoothスピーカーとして利用できる上、再生中の楽曲に関連する動画をYouTubeで自動ピックアップする機能も搭載しています。

ワイヤレススピーカーにテレビを転送


円筒型のスピーカーは独自形状のディフューザーを搭載しており、360度全方向に広がるサウンドを実現。ディスプレイ背面にはロング・バスレフポートを配置することで、重低音もクリアに再現しています。

また、パナソニックのテレビやレコーダーであれば、「お部屋ジャンプリンク」機能に対応。DIGAやVIERAに録画したテレビ番組を、ワイヤレス接続した「SC-VA1」で視聴できます。

サイズは333W×168H×105Dmmで、重さ約1.2kgと持ち運びに便利な大きさなので、リビングのテレビやレコーダーに録画した番組を、寝室やキッチンで視聴するといった楽しみ方が可能です。また、テレビ放送をそのまま転送することもできるので、アンテナがない部屋で放送中のテレビ番組を見られます。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ