「年間8トンの酸素」を生み出す住宅「垂直の森」

TABILABO

2019/9/13 06:00


ミラノやユトレヒトなどに建設される住宅「垂直の森(Bosco Verticale)」のデザインを手がけた建築家ステファノ・ボエリが、2019年8月、カイロでのプロジェクトの全貌を明らかにした。緑であふれるほかの「垂直の森」と同じく、たくさんの植物を栽培できるホテル1棟とアパート2棟を建設する。

合計で350本以上の木々と1万4000本以上の低木が植えられる予定で、これにより年間約7トンの二酸化炭素を吸収し、約8トンの酸素を生み出してくれるとのこと。ボエリらしい環境に寄り添った建築だ。

建設は2020年に始まり、完工は2022年になる見込み。地球温暖化を食い止めるために、今後、このような壁面緑化が施された建築は続々と建てられるだろう。

Top image: (C) Stefano Boeri Architetti

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ