『ルパンの娘』深田恭子&瀬戸康史が祖父母の若い頃役、柄本時生は…


俳優の柄本時生が、フジテレビ系ドラマ『ルパンの娘』(毎週木曜22:00~)で、19日放送の第10話にゲスト出演する。

柄本が演じるのは、麿赤兒が演じる華(深田恭子)の祖父・三雲巌の若かりし頃。この第10話では、どんぐり演じる華の祖母・三雲マツの若かりし頃を深田が演じ、藤岡弘、演じる和馬の祖父・桜庭和一の若かりし頃を瀬戸康史が演じる。

高校3年生・18歳の巌は、マツに淡い恋心を抱いていたが、マツは巌の親友・和一と交際しており、彼女が和一を深く愛していることを知っていたという関係性。自分の出る幕はないと感じていた巌だったが、“Lの一族”の一人娘であるマツは、和一が警察一家の息子であることを知り、決して許されない恋愛であることに日々葛藤していた。そんな時、とある悲惨な事件をきっかけに3人の関係に変化が訪れる。そして時代を経て、華と和馬の運命が、その60年前の事件によって再び交差することとなる…。

柄本は「台本を読んで、麿赤兒さんの若い頃というのは楽しみでしょうがなかったです」といい、「瀬戸さんの“藤岡弘、さん”、笑っちゃいました(笑)」とのこと。「10話しか参加していないのですが、楽しく見ていただけたらと思います。よろしくお願いします」とメッセージを寄せている。

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ