自己主張がすごい! マウンティング女子にイライラしない方法

マイロハス

2019/9/12 22:45

コミュニケーション術

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。

今回の相談は、「身近にいる、マウンティングをしてくる人にどう対処したらいいでしょうか?」です。

マウンティングとは、そもそも英語でまたがるという意味の「マウント」からきているもの。相手よりも優位に立ちたいがために、自分の方が立場は上であると主張し、それをアピールするような行動をマウンティングと呼びます。

いますよね~。人が発言したことに対して、「俺、もっとすごいこと知ってる」と被せてくる人。「それ、今いらなくない?」と内心思ってしまいます。

おそらく、嫉妬や妬みからくるものでしょう。僕も、大嫌いです(苦笑)。僕なりの解決方法を紹介したいと思います。

マウンティングしてくる人は○○な人


僕はマウンティングしてくる人に対して、昔は腹が立って腹が立って仕方なかったです。

ただ、マウンティングしてくる人に対してマウンティングしても、火に油を注ぐことと一緒で、一向に収束しないことに気づいたんです。

それと同時に、ここに費やす時間と精神的なカロリー消費が半端ないと(苦笑)。
20190912_01

今では、マウンティングしてくる人をこう思うようにしてから、腹が立たなくなりました。それは、「器の小さい人」だと。みなさんそう思いませんか?(笑)

普通に考えて、いろいろな意見があっていいと思うんです。どれが正しい、どれがまちがい、ではなく、人それぞれ価値感が違うわけですから。

それを、自分の答えがいちばん正しいと考え、さらにそれを人に押しつけてくる人って、人としての器が小さいと僕は思います。それは、イコール、人として見たときに自分の方が上だということ。

だから、マウンティングしてくる人はかわいそうな人だという目で見ると、まずは、自分の気持ちが穏やかになれますよ。

立たせてあげればいい?


マウンティングする人と対峙するためのマインド以外に、どうコミュニケーションすればベストか?

相手は、マウンティングすることが快感なわけですから、こっちがムキになればなるほど、相手の思うツボです(苦笑)。

だから、まずはあっさり、「○○さん、さすがですね。勉強になります」や、「○○さんの意見、すごく参考になります」のように、すぐに相手を立たせてあげて拍子抜け感を味わわせたあとに、「○○な意見もあると思いませんか?」、「私は○○と思うんです」と自分の主張を続けて言うと、意外と受け入れてくれることがありますよ。

「引いてから押す」という感じですかね(笑)。

>>お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

実用的なコミュニケーション術をもっと見る


イラスト/古荘風穂

当記事はマイロハスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ