ワンルームインテリア実例集!一人暮らしのおすすめコーディネートを大公開♪

folk

2019/9/12 22:40

お洒落なワンルームインテリアをご紹介


一人暮らしのワンルームのような狭い部屋は、どうしても決まりきったインテリアのコーディネートになってしまいがちです。

そして、ワンルームは収納場所も少ないことが多く、どうやって整理すればいいのか難しいと感じている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、狭いワンルームでもお洒落なインテリアにできる実例をご紹介します。

ぜひお洒落な方の家具のレイアウト方法や収納アイデア、DIYのアイデアを参考にしてくださいね。

ワンルームインテリア《家具の配置》

窓辺にベッドを配置したレイアウト


窓辺にベッドを配置したレイアウト

instagram(@milleam0ur)

ワンルームや1Kのインテリアでは、大きな家具であるベッドの配置によって部屋の見え方が変わります。

こちらのように窓に平行にベッドをレイアウトすれば、部屋の空間が四角い形に残ってソファーやテーブルが置けるスペースが生まれて広く感じます。

窓からベランダにめったに出る機会のない方におすすめの配置のインテリアの実例です。

小さめの家具とグリーンをコーディネート


小さめの家具とグリーンをコーディネート

instagram(@good_room)

こちらは、グリーンが好きな方のワンルームにおすすめのインテリアの実例です。

テレビ台や収納をコンパクトにまとめたら、部屋に大きめのグリーンを置くスペースが誕生しますよ。

ワンルームでも部屋にグリーンを置きたい方は、部屋の壁際や窓際に分けてレイアウトすると、すっきりしたインテリアに見えます。

毎日グリーンで癒やされるくつろぎの空間が素敵なワンルームのインテリアですね。

部屋の形に合わせてベッドを配置


部屋の形に合わせてベッドを配置

instagram(@good_room)

ベランダに出入りする機会が多い方は、こちらのようにベッドを窓に垂直に置く配置のインテリアがおすすめです。

部屋の形にぴったりベッドが収まっていていて、廊下からは直接ベッドが見えないのがうれしいところ。

この配置のインテリアならベッドからもテレビが問題なく見れるので、リラックスしながらテレビを見たい方にぴったりです。

部屋の片隅にテーブルをお洒落に配置


部屋の片隅にテーブルをお洒落に配置

instagram(@kirario)

一人暮らしのワンルームの部屋の隅に小さめのテーブルを配置すれば、部屋に圧迫感を与える印象が少なくなりますよ。

ワンルームのインテリアでは、家具の高さが低いものをコーディネートする方が空間が広く見えます。

そのため、椅子に座りたい方は部屋の真ん中よりも隅に置きましょう。

食事をする場所として使えるのはもちろん、勉強など気分を切り替えたいときにも使える場所となります。

床にマットレスを敷くと広く感じる


床にマットレスを敷くと広く感じる

instagram(@mmm_09)

ワンルームや1Kで一人暮らしする方は、もしかしたらベッド派の方が多いかもしれません。

しかし、狭いワンルームや1Kのインテリアではベッドをやめて、こちらのコーディネートのように床にマットレスを敷く方法もおすすめです。

ベッドという大きな家具の圧迫感がなくなるので、ワンルームでも部屋が広く感じられるのがうれしいところ。

隣にアンティーク感のあるデスクとチェアを置けば、ぐっとモダンでお洒落なインテリアになります。

広めのワンルームならベッドもソファーも置ける


広めのワンルームならベッドもソファーも置ける

instagram(@mmm_09)

少し広めのお部屋での一人暮らしなら、こちらの実例のようにソファーとベッドを壁際に配置すると、真ん中にゆとりがある空間を確保できます。

ベッドを使わずマットレスなので部屋が広く感じ、インテリアの模様替えのときも、重たいベッドを動かさなくていいからラクにできるのが嬉しいポイント。

全体をブラウン系でまとめたコーディネートで、レトロな雰囲気が魅力のインテリアです。

デスクとパーテーションで空間を区切る


デスクとパーテーションで空間を区切る

instagram(@okudaira.m)

ワンルームで一人暮らしをしていて部屋を区切りたくなったら、こちらの実例のインテリアのようにパーテーションを付けてみましょう。

メッシュを使えばワンルームでも圧迫感がない仕切りを作れます。

手前はソファーとテーブルを置いてオンの空間に、部屋の奥にベッドを置いてオフの空間にと、ワンルームでもオン・オフ用に部屋を分けられるインテリアのレイアウトです。

ワンルームインテリア《収納アイデア》

狭いワンルームは見せる収納がおすすめ


狭いワンルームは見せる収納がおすすめ

instagram(@kazu_taka23)

クローゼットがない場合やあっても少ししか収納ができない場合は、見せる収納のインテリアがおすすめです。

こちらのインテリアのように、自分好みの雑貨と合わせて収納・ディスプレイすれば、毎日の部屋での一人暮らしが楽しくなります。

普段よく使うファッション小物や食器などは、見せる収納の方が取り出しやすく便利。

大きな棚を置くと狭い印象のインテリアになってしまうので注意しましょう。

クローゼットは上下に分けて収納


クローゼットは上下に分けて収納

instagram(@maaco.uw)

クローゼットがあるワンルームの方は、余分な家具を置かなくてもいいので部屋を広く使えるのがメリットです。

コンパクトサイズのクローゼットなら、上下の空間をうまく使うとたくさん収納できますよ。

長い丈の服や普段よく着る服を吊り下げ、下側には小物を入れるためのボックスを置きましょう。

クローゼットの中のカラーを揃えると、こちらの実例のようにまとまってお洒落な雰囲気のインテリアになります。

収納がなければパイプハンガーが便利


収納がなければパイプハンガーが便利

instagram(@lovehome_5)

ワンルームの部屋にクローゼットなどの収納がほとんどないという方には、パイプハンガーで見せる収納のインテリアがおすすめです。

ハンガーで吊り下げられ、下に棚があるタイプだと普段使うバッグや小物類が置けて便利です。

一人暮らしなら、普段着る洋服はこのスペースがあれば十分。

シャツやカーディガンなど寝かして収納したい服のために、収納ケースをプラスすると使い勝手がよくなりますよ。

床から浮いていればゆとりあるインテリアに


床から浮いていればゆとりあるインテリアに

instagram(@kirario)

こちらのように床から浮いたタイプの収納家具をインテリアにコーディネートすると、部屋全体にゆとりが生まれてお洒落な雰囲気に。

狭いワンルームで家具を置いてインテリアに圧迫感を感じたくない方は、ぜひこのようなタイプの家具を選びましょう。

収納スペースがたくさん欲しい場合は、軽い雰囲気に見える家具がおすすめです。

インターネットのルーターもすっきり収納


インターネットのルーターもすっきり収納

instagram(@yuuki.nys)

今や一人暮らしでもインターネットは必需品です。ただし、インターネットをつなぐためのルーターは、あまりお洒落なデザインではないことが多いのではないでしょうか。

お洒落なインテリアにしたら、ぜひルーターもお洒落に隠しましょう。

こちらの実例のように、北欧テイストの白樺バスケットに入れて、上からカバーを掛けてしまえば全く見えなくなりますよ。

ドライヤーなど生活用品もお洒落なかごに


ドライヤーなど生活用品もお洒落なかごに

instagram(@ito_mikayo)

ドライヤーやブラシも使わないときには、できれば隠して置きたいものです。

ワンルームの場合洗面台が狭く、ドレッサーがない場合もあるのでドライヤーなどの収納に困ってしまいがちですよね。

こちらの実例のようにかごにまとめて入れておけば、外からは見えずにお洒落に収納が可能。

他のアイテムも同じかごに収納すると、統一感が出てお洒落なインテリアの一部となりますよ。

キッチンアイテムはひとつにまとめる


キッチンアイテムはひとつにまとめる

instagram(@maiikkoo2016)

ワンルームのキッチンは一口コンロで狭いことが多く、収納場所も狭いのが特徴です。

こちらのインテリアの実例のように、調味料やキッチングッズがひとつにまとめられる棚を使うのがおすすめです。

スリムなタイプなのでインテリアのデッドスペースの活用としてもぴったり。

料理が好きでスパイス類が多くて収納に困っている方は、ぜひこのような棚をチェックしてみてくださいね。

ワンルームインテリア《DIY》

ディアウォールで賃貸OKの棚作り


ディアウォールで賃貸OKの棚作り

instagram(@hukurou2128)

ワンルームで一人暮らしをしている方は、賃貸という方が多いでしょう。

大きな家具や棚を壁に作りたくても傷をつけるのが怖いという方におすすめなのが、ディアウォールを使うこと。

床と天井に突っ張り棒のような感覚で2×4材を柱にでき、自分好みでワンルームにピッタリ合った大きさの家具を作れます。

同じデザインのかごをコーディネートして収納にすれば、外からすっきりして見える収納ができますよ。

部屋の角のデッドスペースを有効利用


部屋の角のデッドスペースを有効利用

instagram(@sachi.r2)

ディアウォールなどのDIYアイテムを使って棚を作ると、ワンルームの部屋のデッドスペースも有効に活用できます。

棚板を細く作ればすっきりしたインテリアに。

お気に入りの雑貨や植物を飾るスペースとしても使えますし、本やファッション小物などを収納するスペースとしても使えます。

DIYの経験が少なくても簡単に作れるので、ワンルームのインテリアの棚作りにぜひチャレンジしてみてくださいね。

お洒落なラックも簡単DIYできる


お洒落なラックも簡単DIYできる

instagram(@miki.kiku.78)

植物などを飾る棚は、市販のボックスを利用すれば簡単にDIYできます。

ワンルーム用にコンパクトな棚が欲しくても、なかなかインテリアにコーディネートできるものが見つからないという方は、ぜひDIYしてみましょう。

植物を置く以外にもディスプレイ棚としたり、キッチンのスパイスラックとしたりとアレンジした使い方もできますよ。

小物が多いなら100均DIYが便利


小物が多いなら100均DIYが便利

instagram(@kaori00512)

細々したものが多くて整理したい方には、100均のアイテムを使ったDIYが簡単でおすすめです。

こちらのインテリアの実例のようにボックスを積み重ねて固定するだけで、お洒落な引き出し収納の完成。大きさは自由に決められるので、ワンルームに置けるサイズのものがDIYできます。

収納場所がないワンルームでは、中を隠せる小物収納箱はお洒落なインテリアには必須アイテムです。

セリアアイテムだけでワイヤーシェルフ


セリアアイテムだけでワイヤーシェルフ

instagram(@takimoto_manami)

ちょっとした棚があれば便利というときには、100均アイテムが大活躍します。お洒落なアイテムが多いセリアのワイヤーネットと板を使って、簡単DIYでお洒落にコーディネート。

すぐにできるのが嬉しいポイントです。

ワンルームは食器棚を置くスペースが取れない場合が多いですが、この実例のようなアイテムをDIYして少しでもワンルームに収納場所を増やしましょう。

お好みのカラーにペイントしてコーディネートしても素敵です。

一人暮らしのキッチン雑貨の収納をDIY


一人暮らしのキッチン雑貨の収納をDIY

instagram(@parade_318)

こちらの実例のように、三段の棚と扉付きの収納ボックスも100均アイテムを使いこなすことでDIYが可能です。

棚の方は木製ボックスを柱となる木材に固定するだけ。扉付きの方もワイヤーや蝶板を活用して作れます。

扉があるので飲み物や瓶などを収納しても倒れにくくて安心。

一人暮らしのインテリアにお洒落なバーが出現した気分が味わえますよ。

キッチンアイテムも壁収納が便利


キッチンアイテムも壁収納が便利

instagram(@kazu_taka23)

ディアウォールなどでDIYした壁収納は、キッチンアイテムの収納にも活用できます。

大きな食器棚を置くスペースがないワンルームでは、食器が多い方は置き場所に困ってしまいがちですが、このような棚をDIYすればたくさん収納できますよ。

棚板を付ける位置を工夫すれば、既製品の棚の上側に新しく棚を追加することも可能。

オリジナルアイデアでワンルームをお洒落にDIYしてみてくださいね。

お洒落なワンルームインテリアまとめ


お洒落なワンルームのインテリアの実例をご紹介しましたが、いかがでしたか?

一人暮らしのワンルーム生活をより楽しむために、お洒落なコーディネートで使いやすいインテリアにチャレンジしましょう。

家族や友人が遊びに来てくれたら、きっと羨ましがられることでしょう。

参考になるインテリアのアイデアがあれば、ぜひ取り入れてみてくださいね。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ