「サザエさん」波平&サザエ 日本棋院から囲碁の段位免状授与 作中に描かれ囲碁普及に貢献

 今年10月に放送開始から50年という節目を迎えるフジテレビアニメサザエさん」(日曜後6・30)の放送50周年記念感謝の会が12日、開催され、主要キャラクターのサザエと波平に日本棋院から囲碁の段位免状が授与された。作中に描かれる波平の囲碁愛と、囲碁をたしなむサザエの姿が囲碁の発展に協力していると称えられた。アニメのキャラクターに日本棋院から段位免状が授与されたのは今回が初めて。

 この日の放送50周年記念感謝の会にサザエと波平の着ぐるみも参加。波平は多趣味で、アニメの中ではお隣の家に住む伊佐坂先生や、マスオと囲碁の対局をしている場面がしばしば登場する。一部視聴者の間では波平の囲碁の腕前が実はプロ並みなのではないかと言うウワサもささやかれている。そんな波平の囲碁への愛と、囲碁の発展に協力してきたことに敬意を表し、公益財団法人日本棋院東京棋士会会長の武宮正樹九段より、波平にアマ五段の段位免状が授与された。波平の影響で囲碁を打つサザエにも、日本棋院の小林千寿六段よりアマ三段の免状が授与された。壇上ではサザエ、波平の着ぐるみが免状を受け取り、出席者からは暖かい拍手が送られた。

 武宮九段は「半世紀も続いているアニメは他に聞いたことがございません。国民的アニメとして、なにより多くの国民から長年愛されていればこその偉業だと、心からお祝いを申し上げます。囲碁界としては、このような素晴らしいアニメの中で、碁を打つシーンをたびたび、お取り上げていただけるのは非常に嬉しいことで、囲碁普及の大きなお力添えを頂戴し、ただただ感謝しかございません。ほんわかした心地良い雰囲気に、私自身もいつも癒されております。今後のますますのご発展を心から祈念致します」とコメント。

 フジテレビ編成部の渡辺恒也プロデューサーは「50年の歴史の中で長らく囲碁に取り組んできた波平さんと、その背中を追いかけるように囲碁に親しんできたサザエさんの功績を、このような形で表彰していただけて、制作スタッフとしても感謝の思いでいっぱいです。アニメ『サザエさん』としても、思いがけない50周年のお祝いをいただいたような気がしています!ちまたでは波平さんの囲碁の腕はプロ級だとウワサもされているようですが、本人としてはあくまで“下手の横好き”と申しておりますので、これからも趣味の一環として、温かい目で見守っていただければ幸いです」と感謝した。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ