サッカー中継に喫煙する子供が映る 人々が騒ぐも実年齢が36歳と判明(トルコ)

このほどトルコで、見た目と実年齢にギャップがありすぎる男性が話題になっている。プロサッカーチームによる親善試合のテレビ中継で12歳ほどの少年が観客席で喫煙している姿がカメラに映り、人々が仰天したのだ。『Metro』『talkSPORT』などが伝えている。

トルコのブルサにある「ティムサ・アリーナ(Bursa Büyükşehir Belediye Stadyumu)」で今月8日、ブルサスポル対フェネルバフチェのサッカーの試合が行われた。これは病気と闘う子供達のために開かれた親善試合で、収益の一部は白血病やダウン症などの病気に苦しむ患者をサポートする慈善団体へと寄付される。

試合を行った両チームはトルコでも人気が高く、その様子はテレビ中継もされたが、途中でテレビカメラがある観客の姿を捉えた。映し出されたのはグリーンのユニフォームを着て観客席に座るブルサスポルのサポーターの少年だ。彼の近くには同じく12~13歳ほどの少年2人が座っていたが、うち一人の少年が慣れた手つきでタバコを吸っていたのだ。

この中継はトルコ国内のほとんどの地域で放送されていたと見られ、まだあどけなさの残る顔の少年が堂々とタバコを吸う姿に人々は仰天した。すぐさまこの少年の様子はSNSで多くの人にシェアされた。しかしその後、実は彼が36歳の男性だったことが判明したのだ。

あまりにもSNSで有名になったため、男性の知り合いが彼の実年齢を公表した。彼の名はケナン・ヴァタンセーバーさん(Kenan Vatansever)で、隣に座っていた少年はケナンさんの息子だった。ケナンさんは「子供が喫煙している」と騒がれたことで当初、少し憤慨していたそうだ。

しかし後に、「騒ぎの元が自分だってことが面白いなって思ったよ」と話している。騒ぎの最中は知り合いから次々と連絡が来て、ケナンさんの携帯電話が壊れそうになったという。

ケナンさんはその幼く見える容姿のせいで、タバコを買う時や車を運転する際に警察から数え切れないほど職務質問を受けてきたそうだ。『En24 News』では、ケナンさんの幼い容姿について遺伝子欠陥や病気ではないと伝えているが、本人の声は同年代の男性より少し甲高いとのことだ。しかし彼は「私はいたって健康です」と語っている。

ちなみにケナンさんが観戦していたブルサスポル対フェネルバフチェ戦だが、2対1でケナンさんが応援していたブルサスポルが勝利を収めていた。そこでホッと一息ついてタバコを吸ってしまったのだろう。

ただしトルコでは公共の場での喫煙は法律違反であり、69トルコリラ(約1,290円)の罰金が科せられる。ケナンさんがその後、罰金を払うことになったのかどうかは特に伝えられていないようだ。

画像は『Metro 2019年9月10日付「‘Child’ filmed smoking at football match ‘is actually 36’」(Picture: Yureginikoyortaya)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ