サプリ頼みではダメ!アラフォーが老けないための食事

All About

2019/9/12 21:15

体は食べたものからしか作られません。若さを保つために必要な栄養素と上手な摂り方を知り、毎日の食事に少しずつでも取り入れていきましょう。

見た目年齢を変える「食事」と「睡眠」

年を重ねるほど差が出てくる「見た目年齢」。同い年でも、見た目年齢が若い人とそうでない人がいるのはなぜでしょうか?

肉体的な老化が現れる見た目の違いは、様々な「生活習慣」によって作り出されるもの。喫煙習慣などがある人は別にして、全ての人に関係して最も大切なのは「食事」と「睡眠」です。

体は食べたものからしか作られませんので、食事は特に大切な要素といえます。今回は見た目年齢を老けさせないために大切な栄養素と、その上手な摂り方について解説します。

見た目年齢を老けさせない栄養素は? ビタミン・ミネラル不足には要注意!

老けない体、若々しい見た目を作るためには、バランスのよい食事と生活のリズムを整えることが不可欠です。

バランスのよい食事といわれても漠然としていてわからないと思う方もいるかもしれませんが、特に栄養バランスが崩れやすい要因として、野菜や果物の摂取不足によるビタミンやミネラル不足が挙げられます。ビタミン、ミネラルはいずれも大切なはたらきを持っています。

◆ 主なビタミンやミネラルの種類とはたらき
・ビタミンB1……糖の代謝を促進する
・ビタミンB2……エネルギーの産生や、消化・吸収を助ける
・ビタミンB6……アミノ酸の代謝、糖新生を助ける
・ビタミンB12……正常な赤血球を作る、DNAの合成に関与する
・ビタミンC……抗酸化作用を持つ。体内の活性酸素を除去する働きがある
・葉酸……アミノ酸の代謝に関与する。ビタミンB12とともに赤血球を作る
・鉄……血色素の成分。全身に酸素を運搬する
・カルシウム……骨や歯の主要成分になる

何となく自分はこれが不足していそうだと自己判断して、特定のビタミンやミネラルだけをサプリメントで摂っても、栄養のバランスが必ずしもよくなるとは限りません。

サプリメント等に頼り過ぎずに、しっかり食事からこれらの栄養を摂れるように心がけることが大切です。

老けない栄養素が豊富な食品例とおすすめの食べ方

野菜・果物などの植物性の食品は、特定のものにこだわる必要はありません。どんなものでもよいのです。

特に季節に応じた旬のものは、安くて栄養価が高いので、なるべく旬のものを買って食べるのがよいでしょう。「朝食べたからいいや」ではなく、毎食、食べることをおすすめします。

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれています。ピーマン、ブロッコリー、菜の花、レモンなどのかんきつ類、キウイフルーツ、いちごなどは特にビタミンCが多く含まれる食品です。

調理のコツですがビタミンCは加熱によって壊れてしまうので、なるべく生で食べましょう。

顔と身体を作る食品に、今より少しだけ目を向けて!

アラフォーになってくると、若い頃よりも太りやすくなる傾向があります。年齢を重ねることで諦めが必要なこともありますが、体重の増加に関しては「歳だから」と早々と諦めてしまうことは健康にもよくありません。

忙しい日々の暮らしの中で、1日3回の食事に気をつけることにまで気が回らないかもしれませんが、少しだけ日々の食事に目を向けてみることで、より健康的で生き生きした生活を送ることができます。

毎日のことだからこそ、ほんの少しずつでも成果につながります。ぜひ今一度、ご自身の食事について振り返り、できることから見直してみてください。
(文:平井 千里(管理栄養士))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ