飯豊まりえ「大森南朋さんのバディになれて幸せな時間でした」『サイン』最終回を前に感慨深くコメント

GirlsNews

2019/9/12 11:50


女優の飯豊まりえさんが、12日に最終回を迎えるドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系)のクランクアップにあたり、「(主演の)大森南朋さんのバディになれて本当に幸せな時間でした。。」と感慨深くツイートした。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』は、韓国で2011年に放送された人気法医学サスペンス『サイン』のリメークドラマ。死因究明に特化した「日本法医学研究院」という厚労省・警察庁共管の架空組織を舞台に、遺体の声無き声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な事実を隠蔽(いんぺい)する巨大権力に立ち向かっていく姿が描かれる。飯豊さんは新人解剖医・中園景役を演じた。

今作で初めて本格的な医師役に挑戦ということで、プレッシャーも大きかったようで、クランクアップ時には涙を見せる一幕もあったとか。

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』はテレビ朝日系で12日21時より放送。最終回は15分拡大スペシャルで放送される。

当記事はGirlsNewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ