佐藤仁美、北欧イケメン俳優にほれぼれ 交際質問には笑顔

結婚できないキャラとしてバラエティ番組でも人気を獲得しつつも、年下イケメン俳優・細貝圭(34)と交際中であることが明らかになった女優・佐藤仁美(39)が12日、都内で開催された映画『残された者-北の極地-』(11月8日公開)のジャパンプレミア上映会に花束ゲストとして登場した。「交際は順調ですか?」と聞かれた佐藤が笑顔で応じた。

同作の主演俳優である“北欧の至宝”マッツ・ミケルセンと対面した佐藤仁美は、大きな花束をマッツに手渡して「素直にかっこいいですね」とほれぼれした様子。続けて「皆様より先に映画を拝見させていただいたんですが、ハッピーオーラがすごい。皆さんと同じ気持ちです」と述べると、「アリガトウ」とマッツが日本語で返して客席が沸いた。

同映画では、北極で遭難した男(マッツ・ミケルセン)が、瀕死の女性と出会う。「生」への闘いが心を強烈に揺さぶる迫真のサバイバル・ドラマ。以前に番組のロケで6年ほど前に北極圏(レゾリュート)に行ったことがある佐藤は、「まつ毛は凍るし、カメラも凍るし、撮影ができないぐらい寒くて、映画を観ているときにその寒さをずっと思い出していました」とその際の体験がよみがえったという。

その過酷な寒さについてマッツが「僕らが撮影していたアイスランドは時期的なこともあり、マイナス20度からマイナス10度のこともありました。ただ実は寒さよりも風の強さが大変でした。風が吹くととても寒くなってしまって…」と語ると、佐藤は思い当たることがあるように頷き「分かります。 ちょっとでも風が吹くと徒歩10分で行けるところが1時間ぐらいかかったりするんです。足が埋もれて心身ともにやられます」と実感を込めた。マッツも「寒すぎて食べることも忘れてしまってどんどん調子が悪くなる」と応じると、またしても佐藤が「分かります。本当にそうでした」と力強く同調して客席から笑いが起きた。

映画のストーリーに絡めて、司会者から「佐藤さん、やはり一人で生きるより誰かと生きたいですもんね」とまるで佐藤の私生活をほのめかすような質問が飛んだ。すると佐藤は「そうですね。人のぬくもりは大事だと思います…ねっ、ねっ」と少し微妙な空気になったが、「恋人だったり家族だったり友達だったり…。今、生かされているのは周りのおかげだと思っています」とつなげた。一部報道では佐藤と交際中の細貝が2人とも10月10日が誕生日なため、その日に入籍かとも囁かれているが、佐藤は「誕生日は常に(周りの)人に感謝する日だと思っています。そういう映画なのかなと思って。人のぬくもりって大事だな、いいなと思いますね」とまとめた。

佐藤は交際発表後、初めての公の場ということもあり、降壇する際には「交際は順調ですか?」と報道陣から質問を投げられた。佐藤は笑顔で頷くにとどめて退場した。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ