「FGO -絶対魔獣戦線バビロニア-」OP主題歌で、UNISON SQUARE GARDENがシリーズ初参加

アニメハック

2019/9/12 20:30

 10月5日からTOKYO MXほかで放送を開始する「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」のオープニング主題歌アーティストが「UNISON SQUARE GARDEN」に決定した。

オープニング主題歌のタイトルは「Phantom Joke」で、同バンドにとってはこれが「Fate」シリーズに初参加の楽曲となる。作詞・作曲を担当したベーシストの田淵智也は「まさか『Fate』ブランドに我々がお邪魔する日が来るとは思っていませんでした。脈々と受け継がれてきた『Fate』シリーズに並んで遜色ないものでありながら、本作の冒険譚をちゃんと彩れるものを作る。1mmでもブレたら失礼になるこの難題に挑んだ結果、これまでになく未来を謳(うた)う歌が生まれました。たとえ幻が僕らを阻もうとも、この世界を一緒に愛してまいりましょう」と楽曲の仕上がりに自信をのぞかせた。同楽曲を収録したCDは、10月11日に発売(10月8日に入荷次第先行販売)。

「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」は、ゲームアプリ「Fate/Grand Order」の人気エピソード「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」のアニメ化。人類の絶滅を防ぐため、さまざまな時代の“特異点”を渡り歩く“聖杯探索(グランドオーダー)”に携わってきた藤丸立香とマシュ・キリエライトが、紀元前2655年の古代メソポタミアを訪れ、賢王ギルガメッシュが築いた要塞都市・絶対魔獣戦線で繰り広げる戦いを描く。

あわせて、第2弾プロモーションビデオも公開。立香とマシュが人類最古の城塞都市ウルクに降り立ち、ギルガメッシュや、その腹心の友であるエルキドゥと出会う様子が描かれており、マーリンやイシュタル、メドゥーサ(ランサー)、牛若丸といった多数のサーヴァントも登場している。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ