【フランクフルトモーターショー2019】シェフラー 「自動運転モビリティの実現」をテーマに出展

オートプルーブ

2019/9/12 19:00

グローバル・サプライヤーのシェフラーは2019年9月10日、「Making Mobility Sustainable and Autonomous(持続可能な自動運転モビリティの実現)」をテーマに出展し、イノベーションによる持続可能なモビリティのビジョンをアピールした。

■出展概要シェフラーは、IAAの展示スペースでモビリティ産業全体のエネルギーチェーンに対する総合的な見解を示し、革新的なシステム・ソリューションを紹介した。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});展示のトピックスのひとつは、初披露されるシェフラーの電動モーターだ。このモーターは、マイルドハイブリッドからフルハイブリッド、プラグインハイブリッド、さらには電気自動車向けまでカバーできる高性能電動モーターだ。これらのモーターは、48~800Vの電圧クラス、15~300kWの出力を想定し、開発の最終開発段階にあり、まもなく大量生産を開始するという。

ハイブリッド化に関して、シェフラーは、電動モーターとトランスミッションを完全に一体化し、ひとつの機能ユニットを形成する技術として、ハイブリッドトランスミッション(DHT)の開発に専念している。

他にも、90度の操舵角を実現したシェフラー・インテリジェント・コーナーモジュール、自動運転車を実現する鍵となる技術としてドライブバイワイヤー、都市空間向けの新しいモビリティコンセプトとしてシェフラー・ムーバーが展示された。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});シェフラー・ムーバーはドライブバイワイヤーを備え、シャシーは、すべてのドライブとサスペンション部品がひとつの省スペースユニットに統合。4つのホイールハブはシェフラー・インテリジェント・コーナーモジュールで構成されている。

この設計により、幅広いアプリケーションに合わせてフレキシブルに製造することができる。またこのコンセプトカーは最近、ドイツ連邦交通・デジタルインフラ省から、ドイツモビリティ賞を受賞している。

シェフラー 関連記事シェフラー 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ