大河出演の元子役、子役出身ならではのお金事情を告白「自分の口座を…」

E-TALENTBANK

2019/9/12 18:00


9月11日に放送されたフジテレビ系『TOKIOカケル』に濱田龍臣が出演。6歳でドラマデビューを果たし、大河ドラマにも出演していた元子役の濱田が、“初めて自分の給料で買ったもの”について話す場面があった。

【別の記事】安達祐実 子役時代のおこづかいシステムに加藤浩次「とんでもねぇ」

濱田は「(デビュー当時から)自分の口座を親に作ってもらってて、そこにお給料が全部入ってたんですけど」と切り出し、「今年の4月から18歳になったのもあって、高校も卒業したので、もう1個口座作ってもらったんですよ」と明かした。

さらに「2つ目の口座があって」「10万円とその他全部っていうので、大きいほうにはその他全部入って、10万円だけが僕が使える口座として作ってもらって、そのキャッシュカードを貰って」と説明。

その後、濱田は「一番最初に買ったのは、プレイステーション4です」と笑顔で明かし、スタジオからは「今っぽいねー」という声が上がっていた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ