寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

OTONA SALONE

2019/9/12 18:30



そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。

残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。

でも、秋色アイシャドウには40代の目を腫れぼったく見せがちなものもあるだけに、気をつけるに越したことはありません。

「今年私が買ったアイシャドウは大丈夫かしら……」と一抹の不安がよぎった40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、2019秋トレンドだけれど、40代の目を腫れぼったく見せがちなデンジャラスカラーに迫ります。

まるで二日酔いか寝不足…?40代が腫れぼったくなりがちなアイシャドウ1:光沢が強いブラウン




この秋もブラウン系アイシャドウの新作が、続々と登場。

その中でも、やや光沢感が強く、塗るだけでレディライクな表情が手に入るブラウンは、これまでブラウン一辺倒だった40代女性でも「ちょっと華やかな場に、いいかも」と手に取りたくなりがちな色みです。

ところがこのグリッター感のあるブラウンは、ときとして40代女性の目を、想定外に腫れぼったく感じささせる原因にも。

“くすみ”の出ている肌の場合には、ブラウンの良さよりも光沢感がまさってしまうと、のっぺりとした印象からの腫れぼったさ、さらには多くの光を反射してしまうせいで、まぶたが主張しすぎてしまい、重い印象を与えてしまう場合もあるのです。

とはいってもブラウンは、40代を上品に見せてくれる鉄板アイシャドウ。光沢が強いタイプを塗る際には、グラデーションを意識して立体感を出すように心がける安心です。

まるで二日酔いか寝不足…?40代が腫れぼったくなりがちなアイシャドウ2:赤みが強いボルドー




この秋も、まだまだ暖色系アイシャドウのリアル人気は健在な模様。

秋らしい深みのある色合いのアイシャドウも多く揃ってきていて、そのなかでもボルドー系の色みは、40代の目もとをクラシカルな表情へと誘ってくれる優秀カラー。

……であるはずなのですが、こちらも色選びや塗り方次第では、やたら腫れぼったい目もとになってしまうデンジャラスな色でもあります。

腫れぼったさを出してしまう最大の要因は、のっぺりとした塗り方。若い子のメイクのように、アイホール全体にしっかりと色を加えてしまうと、ややたるみが出てきている40代のまぶたをさらに重く見せがちです。

また、色選びにおいては、赤みを控えたものを選んだほうが、腫れぼったい印象を避けやすくなります。

こちらも、ブラウン同様にアイホール全体に塗ってしまうと、のっぺりとした印象が強まるため、目頭から目尻にかけてのグラデーションを意識するなど、メリハリのある塗りかたがベターです。

まるで二日酔いか寝不足…?40代が腫れぼったくなりがちなアイシャドウ3:淡いグレー




この秋はグレー系のアイシャドウもリアルトレンド入りの予感。

グレーは、オフィスシーンでも使いやすい色ですし、40代の顔をシックにまとめてくれるから、多くの40代にとっても手に取りやすいカラーなはず。

しかしこちらも、選びかた次第では、腫れぼったい目もとに見え、40代の顔を“お疲れ顔”に見せてしまうリスキーなカラー。

特に、淡い発色のグレーがデンジャラスです。

軽やかなグレーは一見すると透明感のあるキレイな色に見えるのですが、肌にくすみが出始めている40代のアイホールに塗ると、白っぽさが強調され、まぶたが膨張して見える場合も少なくありません。

グレーを用いたメイクなら、やや濃いめのグレーを締め色的にアクセントに加えるか、コクのあるオレンジと混ぜて深みを出す使い道が安心です。

秋らしさを意識したアイメイクで、やたら腫れぼったい目に見えていたら、かなりショックです。

40代の目もとは、たるみやくすみも考慮したメイクで、トレンドを取り入れて。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ