憧れのゲーミングワークステーションが約50万円で手に入るってまじですか。まじですか #TGS2019

190912ingrem_01
Photo: ギズモード・ジャパン

やすい(確信)。

ゲームタイトルだけでなく周辺機器も気合が入ってる、東京ゲームショウ2019。散策していると、Ingrem Electronics Technologyブースに鎮座したゲーミングワークステーションにキュンと来てしまいました。いつだって憧れる、このルックス。
190912ingrem_02
Photo: ギズモード・ジャパン
190912ingrem_03
Photo: ギズモード・ジャパン

こんな機会だし味わってみましたが、ううむやはり至福。半寝ころび気味でゲームをプレイする背徳感と全能感たるや。でもこういうのってウン百万円するし自分には縁がないよなー、ちなみにいくらなんですかこれ? 約50万円? へーそうなんだー。

へー……。

いやめっっっちゃ安くない!?!?
190912ingrem_05
Photo: ギズモード・ジャパン
操作パネルはシンプル

というわけで、Ingremブランドのゲーミングワークステーションが安くてびっくらこいたという話です。今座っている「Coding Pod T7」は、正確には4,999ドル(約54万円)。椅子とフットレストが手元スイッチでリクライニング、肘置きからUSB電源供給可、ペットボトルホルダー完備と、なかなかに無駄を省いた設計。でもこういうのでOKOK。
190912ingrem_06
Image: ギズモード・ジャパン

リクライニングは75度~127度可動。マックスまで倒すとわりと無重力です。でもこの体勢でゲームするの超気持ちいいぃ~。
gaming_chairs
Photo: ギズモード・ジャパン

中国やドバイではIngremのワークステーションを導入しているお店も多いそうで、これからは日本でも展開していきたいとのこと。他モデルも軒並みお安く、「J20 Veyron」は3,299ドル(約35万円)、「Owlet」は3,499ドル(約37万円)など、どれも普通に射程範囲内で困ります。困ります、お客様。

また、カラーリングやキーボードテーブルのサイズなどはかなり柔軟にカスタム可能。追加数万円でいろいろと相談にのってくれるみたいです。しかも一都三県なら無料で組立て&設置もしてくれるという。
190912ingrem_04
Photo: ギズモード・ジャパン

現実的に検討可能な憧れアイテムほど悶えるものはありませぬ。気になってしまった方は東京ゲームショウ「9-E26」ブースでじっくり体験してみてください。「これがライカより安いのか…」と思い始めたらやべぇっすよ。

Source: 東京ゲームショウ2019, Ingrem

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ