元彼との思い出を裏ごししてキレイな思い出だけにする方法

カナウ

2019/9/12 16:30


元彼との思い出を裏ごししてキレイな思い出だけにする方法

人の思い出や記憶は、実はかなり曖昧で、自分に都合の良いように変わっていきます。

例えば、自分は、ファーストキスの相手を鮮明に覚えていても、その相手が経験豊富な年上男性だったとしたら、相手の男性は、あなたのことを全く覚えていないかもしれません。

同じ過去を共有していたとしても、思い出の残り方は人それぞれなんですね。

過去の恋愛をキレイな思い出として、永遠にしまっておけるのであれば、幸せかもしれません。

元彼との思い出を裏ごししてキレイな思い出だけ保存する方法を紹介します。

女性は思い出と感情をセットにして記憶する


女性は男性と比べると感情の生き物と言われます。

なので、男性よりも、思い出を感情と一緒に記憶するのが得意なのです。

そして、思い出は、繰り返して考えたり、話したりすることで、より鮮明に、強く記憶されていきます。

なので、いつまでも元彼との別れ際に辛かった話や、愚痴などを、考えたり、話したりしていると、「思い出している時のネガティブな感情=元彼との思い出」で記憶が固定されてしまいます。

本当は楽しかった思い出も沢山あるはずなのに、あなたの中で元彼の思い出は、どんどんネガティブなものとして記憶されていくのです。

まず気分転換から



彼との思い出を美化するには、まずは別のことでも良いので、気分転換をして、楽しく、幸せな気分を味わってみてください。

大好きなスイーツを食べる、ハッピーな映画を見る、など日常の些細なことで良いんです。

自分が、心穏やかで幸せだなぁと感じた時に、軽く元彼のことを思い出してみましょう。

「元気にしてるかな? 」と懐かしむ程度で、あまり深く考えすぎないのがポイントです。

思い出をコントロール


無意識に元彼との思い出が頭をよぎることもあると思います。

その思い出が、良いものでも、悪いものでも、感情と切り離した方が、思い出を美化したまま保存し、次の幸せにつなげやすくなります。

元彼との思い出が良すぎて、次の恋に踏み出せなくなっても困るので、感情と記憶を別にする作業は大切ですよ。

1.ふと元彼のことを思い出した後は、必ず意識的に、その思い出した場面が映画館のスクリーンに映っていたという想像をしてください。

2.そして、映画のスクリーンから徐々に画面を引いていき、自分が客席に座っている背中までイメージしましょう。

とても単純な方法かと思いますが、意外にも効果があるんです。

更に思い出を感情と引き離すには


頭の中で気ままに思い出しているだけですと、どうしても妄想が暴走してしまいます。

それが、元彼との印象的な最後の思い出、別れた時の辛さなどの感情とセットになってしまうと、思い出がネガティブな方向へループされる可能性が高くなります。

なので、楽しかったこと、辛かったことを、同じくらい平等に紙に書き、声に出して読んでみましょう。

こうすることで、元彼との思い出が、本の中の物語のように、より客観的に感じられるようになるのです。

さいごに


元彼との思い出を裏ごししてキレイな思い出として残す作業は、別れた直後、落ち込んだ気分を、一時的に解消するには、とても良い方法です。

しかし、元彼との思い出を美化しても、人は過去にも、思い出の中にも生きることはできません。

美化した思い出に浸りすぎると、こじらせ女子の、恋愛難民になってしまう確率が高いのでとても危険です。

どうしても、未練があり、元彼のことを考えてしまう場合は、

朝の歯磨きをしている3分間は、思い切り元彼との楽しかった思い出を思い出して、浸る。

と自分ルールを決めると良いでしょう。

後は、元彼のことを思い出しすぎないように、いつもより少し忙しく過ごすことです。

例えば、資格の勉強や、新しい趣味を始めたりすれば、覚えることも増えますので、元彼との思い出に浸ってしまう時間も減ります。

新しい出会いの場に参加するなども良いですが、映画や読書をするといった方法でも、脳に新しい情報が入るので効果はあるでしょう。

感情を切り離し、裏ごしした元彼とのキレイな思い出を、たまに懐かしく回想するくらいになれば、次の幸せもすぐそこです。

(ライター/キタミカ)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ