シーナ&ロケッツ鮎川誠71歳、娘とデート中の1枚に「こんなお父さんなら私もデートしたい」の声

ロックバンド・シーナ&ロケッツの鮎川誠には2015年に病で急逝したシーナとの間に3人の娘がおり、長女の鮎川陽子はアート制作を中心にモデルやDJの活動を行っている。その彼女が9月7日、自身のTwitterに「この前お父さんと下北沢でデート」と投稿した鮎川誠の姿がフォロワーの注目を集めた。

「眼鏡屋さんパリミキへ行った。下北の街並みは見る度に変わる。雨の中を傘をさして一緒に歩いた」という鮎川陽子のツイートから、オシャレな2人の光景が思い浮かぶようだ。フォロワーからは「いいですね。こんなカッコいいお父さんなら、私もデートしたい!!」、「仲の良い父娘ですね」や「娘と今度スタバ デビュー予定。緊張予定」といったコメントが寄せられている。

なかには「30位前に下北沢で誠さんシーナさんを見かけました!! 博多弁の誠さんすぐ分かりました。当時下北沢で誠さんに会えると聞いていたので嬉しかったです!!」という声もあるように、シーナ&ロケッツが結成されたのは1978年のことだ。

1979年12月にリリースしたシナロケの2枚目シングル『ユー・メイ・ドリーム』がヒットしてブレイクするとテレビ出演も増え、1987年には「ジャノメミシン・センサークラフト7000」のCMに鮎川誠(第2弾はシーナも)と一緒に当時小学5年生だった鮎川陽子・鮎川純子の双子姉妹も出演したことが思い出される。

今では鮎川誠が71歳となり、娘の鮎川陽子も素敵な大人の女性だが、ここのところ母親のシーナにますます似てきたようだ。そんな2人が並んで歩いていたら「え、シーナ?」と驚く人がいたかもしれない。

ちなみに鮎川誠は友部正人、三宅伸治とのユニット・3KINGSによる九州ツアー3DAYSを開催、9月6日・福岡、7日・熊本、8日・宮崎と駆け抜けた。さらに鮎川陽子は「9月22日と23日は下北沢Queでシーナ&ロケッツあるから行くよー」と呼びかけており、ロックンロールが止まる暇はないようだ。

画像は『鮎川陽子 2019年9月7日付Twitter「この前お父さんと下北沢でデート」』、『2019年5月2日付Twitter「お父さんハッピーバースデイ エイジレス!71!Rocknroll!」』、『2019年7月21日付Twitter「投票行きましたー これはなつかしい CMの♪」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ