世界一流のオペラ『ファウスト』『オテロ』を世界一流の英国ロイヤル・オペラで

エンタステージ

2019/9/12 14:00


012996.jpg

世界五大歌劇場の一つ、〈英国ロイヤル・オペラ〉の2019年日本公演が、9月12日(木)から9月23日(月・祝)まで、東京と横浜にて幕を開ける。

歌手たちから厚い信頼を寄せられる名指揮者アントニオ・パッパーノのもと、ヴェルディの最高傑作とも言われる『オテロ』が現代最高の“オテロ歌い”グレゴリー・クンデ主演で、美しい旋律にあふれたグノーの名作『ファウスト』がヴィットリオ・グリゴーロやイルデブランド・ダルカンジェロら人気スターの主演で上演されるが、9月6日(金)には公演に先立って指揮者・出演者らの囲み会見が行われた。

012996_02.jpg

012996_02.jpg

19世紀フランスの作曲家シャルル・グノーの『ファウスト』は、ゲーテの古典〈ファウスト〉の第1部が元になっている。冒頭、学問に身を捧げて年老いてしまった主人公ファウストは、自分の人生は無駄だったと嘆く。そこに悪魔メフィストフェレスが現れ、魂と引き換えに若さを与え、快楽を味あわせてやると誘惑し、ファウストは受け入れる。

快楽を求めて世界を彷徨うファウストとメフィストフェレス。ある時ファウストはマルグリートという純朴な娘と出会い、夢中になる。マルグリートは清純で控えめな娘だったが、宝石を捧げ熱心に愛を語るファウストを好きになってしまう。だがやがてファウストはマルグリートに飽きて捨て去り、妊娠して絶望に沈むマルグリートと、深く慈しんでいた妹の不謹慎な行いに怒り狂う兄ヴァランタン。彼らに救いは訪れるのか?

012996.jpg

ファウストを演じるのは甘い声と顔立ちで世界中で大人気のテノール、ヴィットリオ・グリゴーロ。この演目では最初の登場時は老けた格好で苦悩の歌を歌い、それ以後は若々しく、マルグリートには愛の歌を歌い、ヴァランタンとの決闘シーンもあり、歌唱力と演技力に加えて衣裳の早変わりまで見せてくれる。

またイルデブランド・ダルカンジェロ演じるメフィストフェレスは、悪魔だけに血も涙もない恐ろしいことを言うかと思えば、ユーモラスなシーンもあり、こちらも見どころ・聴きどころがいっぱい。グリゴーロは指揮者パッパーノについて「指揮者は音楽、オーケストラ、歌手、聴衆をすべてまとめあげて魔法を作り出してくれる。自分はその魔法の一部であればいい」と語ったが、パッパーノは「衣裳の早変わりの時には着替える時間があるように指揮を遅めにしてくれと言ったじゃないか(笑)」とからかい、仲の良さを見せた。

012996.jpg

012996.jpg

そして『椿姫』『アイーダ』など数々の傑作オペラオを残したジュゼッペ・ヴェルディの作品の中でも最高傑作の一つと言われる『オテロ』は、シェイクスピアの〈オセロ〉を元にしている(イタリア語のオペラなので、日本で一般に知られているシェイクスピアの役名とは少し異なっている)。

ムーア人でありながら戦功をあげてキプロスの将軍となり、高潔な人格ゆえに若く美しいデズデモナの愛を得て結婚したオテロ。部下の一人であるヤーゴは忠実なふりをして実はオテロを陥れることを企んでいる。善良で純粋であるが故にオテロ夫妻はヤーゴの裏切りに全く気付かず、オテロはヤーゴに吹き込まれた妻の不倫への疑惑に苦しむ。

012996.jpg

シェイクスピアの〈オセロ〉は人の心の深淵を描く傑作だが、パッパーノによればこのヴェルディのオペラは「シェイクスピアのメッセージをまっすぐに、明確に伝えている」とのこと。またオテロ役のクンデは「この役は様々なテノールの役の頂点とも言える、夢の役」、悪役ヤーゴを演じるジェラルド・フィンリーも「ヤーゴは俳優にとっても、歌手にとっても正に夢の役」と声を揃えた。

012996.jpg

そして名門〈英国ロイヤル・オペラ〉のオーケストラについてパッパーノは「オペラのオーケストラは、演じるオペラごとに自分たちをつくりなおして、その色を変えなければなりません。

今回の2演目だけを見ても、フランスの作曲家によるドイツの物語の、ロマンティックであると同時に滑稽でもあり宗教的でもある『ファウスト』と、イタリアのヴェルディの壮大なオーケストレーションの『オテロ』。どちらを演奏するにも一流のオーケストラが必要だし、オペラの場合はその音だけでなく意味を考えなければならないのです。〈英国ロイヤル・オペラ〉のオーケストラは、それができるオーケストラですね」とコメント。

『オテロ』のヒロイン、デズデモナを演じるフラチュヒ・バセンツはパッパーノのことを「舞台上に絵を描く画家のような人。特別なアーティストで、どんな時も歌手を守ってくれる天使のような人です」と笑顔で絶賛した。

一流の作品、一流の歌手、一流のオーケストラ。本物だけが味わわせてくれる最高の感動をぜひ会場で味わってみてはいかがだろうか。

英国ロイヤル・オペラ2019年日本公演の日程は、下記のとおり。

C. F. グノー作曲 『ファウスト』(全5幕)
9月12日(木) 18:30  東京文化会館
9月15日(日) 15:00  東京文化会館
9月18日(水) 15:00  東京文化会館
9月22日(日) 15:00  神奈川県民ホール

G. ヴェルディ作曲 『オテロ』(全4幕)
9月14日(土)   15:00 神奈川県民ホール
9月16日(月・祝) 15:00 神奈川県民ホール
9月21日(土)   16:30 東京文化会館
9月23日(月・祝) 16:30 東京文化会館

【NBS公式サイト】https://www.nbs.or.jp/

(取材・文/月島ゆみ 会見写真/Ayano Tomozawa 『ファウスト』舞台写真/(C)ROH Tristram Kenton 『オテロ』舞台写真/(C)ROH Catherine Asemore)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ