GACKT、千葉県民から「いつ死者が出ても…」とSOS 支援呼びかけ

しらべぇ

2019/9/12 13:00




台風15号の影響で、千葉県や神奈川県などでは大規模な停電、断水など甚大な被害に見舞われ、被災地は深刻な食料・物資不足にも陥っている。

そんな中、シンガーソングライターのGACKTが、自身のSNSに届いた被災したユーザーからのダイレクトメッセージ(DM)をツイッターで公開し、一刻も早い復旧と支援を呼びかけた。

■日本の仲間から被害の状況を聞き…


12日、GACKTは自身のツイッターを更新。千葉県などを中心に、台風15号による深刻な状況を「日本の仲間から聞きました」と明かした。

そのうえで、「復旧に携わるみなさん、大変なことなのはもちろんわかっていますが、一刻も早い復旧をよろしくお願いします」と、作業員を労いつつ、一刻も早い復旧と支援を呼びかけた。

ツイートには、千葉県在住のユーザーや被災地の状況を目の当たりにしたというユーザから送られた、DMのキャプチャー画像が4枚添付されている。




関連記事:ZOZO前澤社長、台風被害の千葉に「お役に立ちたい」 賞賛の声相次ぐ

■熱中症の危険、物資不足も深刻


千葉県在住で、DM送信時に自宅が停電していたというユーザーからは、周辺地域で断水も相次ぎ「給水車が市役所役場にしか来ないため、車のない人や赤ちゃんのいる方、お年寄りの方には厳しい状況です」と訴える声が。

連日厳しい暑さで熱中症の危険も高まっており、暑さをしのぐために車中泊をしている人も多く、ガソリン不足も懸念されているようだ。また、営業しているコンビニやスーパーでも飲料や食品の品薄状態が続いているという。

■「もっと報道して!」の声


同県内では通信障害も発生しており、情報を得ることも難しいという。メッセージには、「たくさんの人が困っています。連日の猛暑で大人も子供も体力的に限界で、いつ死人が出てもおかしくないです」と深刻な状況も記されている。

別のユーザーからは、高齢者の多い地域でも、多くの住民が猛暑の中で屋根が飛ばされた家屋の瓦礫の撤去作業に追われており、「この状況をもっと多くの人々に知ってほしい」と訴える声も寄せられている。

報道によると、同県内では12日午前9時の段階でいまだ33万6,300軒の停電が続いており、全面復旧は13日以降となる見通しとなっている。

・合わせて読みたい→綾小路翔、台風被害は「誰のせいでもない」 復旧作業員を激励

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ