美しく生まれ変わった7時間超えのモノクロ超大作が劇場公開

NeoL

2019/9/12 11:29



ハンガリーを代表する映画監督・タル・ベーラが1994年に発表した、7時間18分におよぶ長編映画『サタンタンゴ』を、「4K デジタル・レストア版」として劇場公開。

ハンガリーのとある田舎町に暮らすシュミットは、クラーネルと組んで、村人達の貯金を持ち逃げする計画を企んでいた。その話をシュミットが女房に話して聞かせていたところを盗み聞きしたフタキは、自分も計画に乗ることを思いつく。その時、家にやって来た女は「1年半前に死んだはずのイリミアーシュが帰って来た」と、信じがたいことを言う。村人たちも酒場で喧々諤々の議論を始めるが、いつの間にか酒宴になり、夜は更けていく。翌日、イリミアーシュが本当に村に帰って来るのだが――。

“死んだ”とされていた男は、活気のない村にとっての救世主となりうるのか? 公開は9月13日より。

サタンタンゴ監督:タル・ベーラ出演:ヴィーグ・ミハーイ、ホルヴァート・プチ、デルジ・ヤーノシュ、セーケイ・B・ミクローシュ、ボーク・エリカ、ペーター・ベルリング(1994年/ハンガリー・ドイツ・スイス)配給:ビターズ・エンド9月13日(金)シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町にてロードショーhttp://www.bitters.co.jp/satantango/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ