シニアの4人に1人が起業に関心あり - 起業しようと思った理由は?


freeeは9月11日、「起業」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は8月30日~9月2日、20~69歳の有職者男女900名(一部、6,683名)を対象にインターネットで行われた。

まず年代別に「起業の関心度」を調べたところ、30代(42.4%)が最も高く、次いで20代(39.5%)、40代(37.4%)と続き、50歳~69歳のシニア層でも28.7%と約4人に1人が起業に関心があることが判明。また、起業に関心があると回答した人のうち、「3年以内に実現したい」と回答した人の割合が最も高かったのは、シニア層で32.1%。若年層よりもシニア層のほうが、より具体的な起業イメージを持っていることが伺えた。

起業しようと思った理由については、全体では「自由に仕事がしたかった」(年代合計46.0%)、「収入を増やしたかった」(同34.5%)、「趣味・特技を生かしたかった」(同23.3%)が上位に。

年代別でみると、シニア層では「退職後年金以外の収入も得たいから」(23.7%)が上位にランクインしたほか、他年代に比べて「年齢や性別に関係なく仕事がしたかったから」(21.7%)や「定年後に社会とのつながりが欲しいから」(16.7%)の回答率が高く、定年後のセカンドライフの充実において「シニア起業家」が一つの選択肢になっていると言える結果となった。

起業関心層に「起業したいと思っている(思った)職種」について聞いたところ、20代では「医療・福祉」(13.9%)、「生活関連サービス・娯楽業」(12.5%)が上位に。30代は、「小売業」(24.3%)と「飲食業」(22.5%)に回答が集中。他年代と比較して回答が分散しておらず、イメージが具体化されているよう。40代では、「小売業」(12.8%)や「飲食業」「生活関連サービス・娯楽業」(ともに12.0%)が上位となったほか、他年代と比べて「情報通信業」(9.4%)の人気の高さもうかがえた。

また、シニア層では「小売業」「コンサルタント業」(ともに13.7%)、「飲食業」(13.3%)が上位に。さらに、「教育・学習支援」も10.0%と高い割合を示すなど、これまでのキャリアで得たノウハウを活かしたいという意向がうかがえた。

「尊敬する起業家・実業家」を教えてもらうと、20代では「孫正義」、30代で「堀江貴文」、40代とシニア層で「松下幸之助」がそれぞれ1位に。そのほか、20代・40代では「スティーブ・ジョブズ」が、シニア層では「本田宗一郎」の名前も上位にランクインした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ