セレーナ・ゴメス、母校をサプライズ訪問 「気さくなスーパースター」に在校生も感激

歌手兼女優のセレーナ・ゴメス(27)がこのほど自身の幼少期のドキュメンタリー制作のため、テキサス州にある母校の中学校をサプライズ訪問した。

今年6月、ホラー・コメディ映画『The Dead Don’t Die』のプレミアにセクシーなブラックドレスで登場し、「色っぽい」「キレイになった」と称賛された歌手兼女優のセレーナ・ゴメス。そんな彼女が、7年生(中学1年生)まで通っていたテキサス州の「ダニー・ジョーンズ・ミドル・スクール(Danny Jones Middle School)」をサプライズ訪問した。

自身の幼少期のドキュメンタリー制作の一環で、親友コートニーさんや自身のチームを数人とともに同校を訪れたセレーナは、

「『ダニー・ジョーンズ・ミドル・スクール』の生徒のみなさん、こんにちは。こちらはセレーナ・ゴメスです。」

と校内のインターコムを使って挨拶。お世話になった先生達と再会を果たし、また生徒達とセルフィーを撮ったりハグをしながら交流を図った。セレーナはこのたびの訪問で、

「私の育った場所や、故郷を誇りに思う気持ちをみんなに伝えたかった」

と明かしている。

セレーナの中学時代のバスケットボールコーチで、現在は同州内の高校に勤務するステファニー・グレイさんは中学生だったセレーナについて、

「セレーナはとっても謙虚で親切な生徒でした。優しく穏やかな心の持ち主で、とにかく勤勉でしたね。」

「素晴らしい生徒でしたよ。」

と絶賛、そしてセレーナが「フロリダへ引越すことになりました」と退部届を出しに来た日のことを振り返り、「ディズニー作品に出演することになった」と理由を告げられたエピソードを披露した。ステファニーさんは当時「中学生が話を盛っているのだろう」と本気にしていなかったそうだが、のちにセレーナはディズニーの人気ドラマ『スイート・ライフ』(原題:The Suite Life of Zack & Cody)にグウェン役でゲスト出演するようになり、その後『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』(原題:Hannah Montana)でマイリー・サイラスと共演したり、『ウェイバリー通りのウィザードたち』(原題: Wizards of Waverly Place)では主役を射止めるなど、女優としてのキャリアを開花させたのであった。

セレーナは自身の中学時代を振り返りながら、

「自分は決して成績優秀な生徒ではなかったけれど、教育は本当に大切だと思う。」

「それから、人に優しく接することも大切ね。私がそうだったように、1人ぼっちで食事をしている子がいたら『ハーイ』って声をかけてあげてほしい。」

「不可能なことなんてない、と心に留めておいて。」

とアドバイスを送っている。セレーナと対面した生徒たちが地元メディアのインタビューに、

「スーパースターなのに、気さくで素敵だった」

「ジムでみんなと一緒にウォームアップをしてくれて感動した」

「この同じ場所から大スターになった素晴らしいロールモデル」

と興奮気味に感動を伝える姿が印象的であった。

このたびのセレーナ・ゴメスの訪問は「ダニー・ジョーンズ・ミドル・スクール」の在校生にとって、またセレーナ自身にとっても忘れられない一日になったことだろう。

画像は『Selena Gomez 2019年7月26日付Instagram「Me, Italy -trying desperately to look like a Fellini film」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ