ぬいぐるみに盗聴器、「婚姻届にサイン書いて」 ヤバいアイドルファンに悲鳴

しらべぇ

2019/9/12 10:30

(画像は高見奈央 公式Instagramのスクリーンショット)
下積み中の若手アイドル、タレントらが芸能界に潜むヤバい話をぶっちゃけて「本気で訴えたら慰謝料はいくらか?」検証するバラエティ番組『ヤバい話のHow Much?』(テレビ朝日系)が11日深夜放送。

女性アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANの元メンバー・高見奈央らが、ヤバいファンについて明かしていった。

■プレゼントに盗聴器


高見は、「ぬいぐるみに盗聴器を仕掛けてプレゼントしてくるファンがいる」と告白。

元アイドルの高野桃子は、「しっぽのついたぬいぐるみのほうが(コード部分をしまえるため)盗聴器を入れやすい」と解説し、実際にしっぽを切り開くと盗聴器が入っていたことを明かす。

仮面女子・胡桃そらは、「位置がわかるGPSが入っていたことがあり、大きな騒動となった」と語る。この騒動以降、アイドル界ではぬいぐるみなどのプレゼントが禁止になったという。


関連記事:ファンからの贈り物に体液が?  アイドルが受け取るプレゼントの現状とは

■私物サイン会で…


さらに胡桃はファンの私物にサインするサイン会で、婚姻届を持ってきて相手の欄にサインを求めてくるファンがいたと語る。

周囲は「勝手に出されたら成立しちゃう」と騒然とするが、これはアイドルあるあるらしく、そういったファンは珍しくないとのこと。当然、ファンは実際に提出するわけではなく、保管して手元に取っておくと解説された。

■盗聴の慰謝料は?


ぬいぐるみの盗聴器・GPSに関して、「家に持ち帰ると想定している」「アイドルの住所という秘匿性の高い情報を入手できる」など3人の弁護士は指摘、平均47万円の慰謝料がとれると判断した。

不特定多数のファンがいる、アイドルならではの苦労が明かされ、視聴者も敏感に反応している。







■「盗聴器発見」は1割以下


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1363名を対象に調査したところ、全体の6.0%が「身近で隠しカメラや盗聴器を発見したことがある」と回答している。もちろん気がついていないだけ、という可能性はあるが、隠しカメラや盗聴器の被害にあった人はそう多くないようだ。



アイドルのプライベートを知りたいファン心理もわからなくもないが、盗聴や盗撮は許されるものではない。それは推しているアイドルを傷つける行為だと、ファンなら理解すべきだろう。

・合わせて読みたい→キンコン西野の”お願い” 「差し入れはいりません」が物議

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1363名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ