小雪、『時効警察』初回ゲスト オダギリジョーと17年ぶり共演


女優の小雪が、10月11日にスタートするテレビ朝日系新ドラマ『時効警察はじめました』(毎週金曜 23:15~ ※一部地域除く)の第1話にゲスト出演することが決定した。

霧山修一朗(オダギリ)が、時効捜査の“助手”・三日月しずか(麻生久美子)とともに、時効になった事件を趣味で捜査していく同ドラマ。

小雪が演じるのは、新興宗教の教祖・神沼美沙子。“ほぼ同時刻に別の場所で起こった2つの密室殺人事件”という、霧山が調べる時効事件と深い関わりがあるという設定で、物語を振り回していく。

小雪は「『撮影は大変だろうな』と不安になると同時に、『新しい世界観を見たい』という思いがあったので、参加させていただきました」と明かす。

そして、「実を言うと『これまで実際に見たことも演じたこともない“教祖様”という存在を、どうしたら具体化できるのかな』という不安も少しあったんです」と言うが、「衣装合わせのときに三木(聡)さんが、具体的にイメージしてらっしゃる漫画のキャラクターを教えてくださって、その漫画を拝読したら、何となく雰囲気がつかめたんですよ」と語った。

主演のオダギリとは17年ぶりの共演。「17年前はすごくハードな現場だったことに加え、お互いに若かったり、からむシーンが少なかったこともあって、オダギリさんとはあまりお話ししたことがなかったんです」と振り返り、「でも、今回はすごく気さくにお話ししていただいたんですよ。お互いに子どもの話もしたりしましたね。また、オダギリさんはすごくクリエイティブなので、発想の視点も面白く、『あ! こういう方だったんだな』と新たな発見がありました。大人になってまた、表現者同士としてお会いすることができて、うれしかったです」と話した。

また、小雪演じる美沙子に思いを寄せる信者・花崎新一役で、俳優・六角精児が出演することも決定した。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ