タピオカミルクティーさん、グミになる → タピる限界を求めてミルクティーに入れてみた



いまだに大人気のタピオカミルクティー。プリン大福、あげくの果てにはリップクリームになったりと、某猫のキャラクターさん並みに仕事を選ばなくなってきた。そんなタピオカミルクティーさん、グミに変身しているのをご存じだろうか。

グミって結構タピオカとの親和性が高い気がするし、ミルクティーに入れたら「タピオカミルクティー×2」みたいな感じで美味しくなるかも……? しかも、成功したら行列に並ばず、コンビニなどで安く買える物でタピオカミルクティーを味わえるようになる。いいことづくめだ。ということで、タピる限界を求めてみた!

・タピオカミルクティーグミ3種
この度、購入したのはタピオカを使用して食感・見た目がタピオカそっくり、おまけにミルクティーの味がするというグミ。クリートの「タピオカミルクティグミ(118円)」、サン・スマイルの「Tapioca Milk Teaグミ(162円)」、そしてノーベルの「タピオカ食感グミ タピるGUMMY ミルクティー味(162円)」だ。

コンビニやバラエティショップ、ドラッグストアにて、いずれも100円台で手軽に買えた。これらを一般的なタピオカドリンク屋のLサイズカップ(600ml~750ml用)に注いだ市販の加糖ミルクティーの中に入れて検証してみる。果たして相乗効果は生まれるのか。

・クリート「タピオカミルクティグミ」を検証
まずは、パッケージすらタピオカミルクティーにそっくりなクリート「タピオカミルクティグミ」から。グミの形は弾頭のようで、遠目で見れば球体のようにも見える。一般的なタピオカよりは一回りぐらい小さい。

食べてみると、タピオカが使われているせいか、普通のグミよりも弾力がある。甘みは強く、グミはグミだが、タピオカっぽい食感とも思える噛み心地。甘くまろやかなミルクティーを思わせる香りが良い。

グミ1粒で「タピオカミルクティー」として完結しているようなこのグミを1袋分、ミルクティーに容赦なく突っ込む。

おお~、ミルクティーの中に入った姿は、めちゃくちゃタピオカっぽい! 見た目だけなら十分、タピオカの代わりになっていると言えるだろう。果たして、その実力は……

固い! グミ時のタピオカっぽいプニプニ食感から、冷たいミルクティーに入れたせいか、まるで別のガチガチ食感になってしまった。しかも、中途半端な小ささのせいで吸いづらい。

とはいえ、噛んでいるとグミ本来の甘さが目立ってきて、ミルクティーとマッチして美味しい。固さと吸いづらさに慣れてくると、なかなかイケるのだが本家のタピオカミルクティーには勝てなかった

・サン・スマイル「Tapioca Milk Teaグミ」
続いて検証するのは、サン・スマイルの「Tapioca Milk Teaグミ」。形は半球で、最初に検証したグミよりもやや小ぶり。食べてみると、甘さはやや控えめながら紅茶の良い香りが強い。グミとして美味しい。

弾力がとても強く、噛みしめるたびに紅茶の香りが鼻から抜ける。これは市販の甘いミルクティーに抜群に合うのでは。そう思いながら1袋をミルクティーに投入。見た目は完璧にタピオカ。いざ、飲む!

うん、固い。分かってたよ……。最初に検証したグミよりも弾力が強い時点で、固くなるだろうことは想像できていた。紅茶の香りはミルクティーに入れても健在だが、グミの甘さがミルクティーの甘さに負けてしまっており、噛むのが正直しんどい。

最初に検証したグミと同じく、小ささのせいでタピオカ用のストローだと吸いづらい。このグミは、ミルクティーに入れて化学反応は起きなかった。グミとして、素直に美味しくいただこう。

・ノーベル「タピオカ食感グミ タピるGUMMY ミルクティー味」
最後に検証するのは、ノーベルの「タピオカ食感グミ タピるGUMMY ミルクティー味」。半球型のグミだが、先に検証したグミたちよりも一回りぐらい大きい。

食べてみると、甘さと紅茶の香りは程よいが他2つのグミよりも圧倒的に柔らかい。というか、もろい。タピオカは使われているが、プニプニしていないのだ。

冷たいミルクティーに浸かることで固くなってしまうのであれば、このくらい柔らかい方がタピオカっぽくなるかも? 希望を持ってミルクティーに投入。これが最後の検証だ。頼む、タピる限界を見せてくれ~!

いざ、飲む。んん、これは……

グミが大きすぎて吸えないッ!

しばらく頑張ってみたが、グミの大きさがストローの直径を大きく上回っていたため吸えなかった。このグミも、新しい世界を見せてくれなかった……。

・結論、グミはグミ
今回検証してみた結果、タピる限界を突破することはできなかった。グミはグミとして、美味しくいただくべきなのだろう。この検証を通して、筆者はタピオカ、グミ、それぞれの良さを痛感した。皆違って皆良い──タピオカミルクティーグミたちがそう言っている気がした。

参照元:クリート「タピオカミルクティグミ」、サン・スマイル「Tapioca Milk Teaグミ」ノーベル「タピるグミ ミルクティー味」
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ