中村倫也演じるゴンが本気モード!凪と慎二の結婚の行方は…『凪のお暇』第9話

テレビドガッチ

2019/9/12 06:00

黒木華が主演を務めるドラマ『凪のお暇』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第9話が、9月13日に放送される。

月刊誌 「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中の同名漫画を原作に、他人の目を気にしすぎる28歳のOL・大島凪(黒木)が、会社、彼氏、部屋、SNSなど、ありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す様を描く人生リセットストーリー。凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生、凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じる。さらに、市川実日子、片平なぎさ、吉田羊、三田佳子らが出演する。

先週放送の第8話では、実家に急きょ戻ることになった凪を心配した慎二は北海道まで駆けつけた。ゴンも一緒だったのだが、仲が修復しそうな凪と慎二を遠目に見て嫉妬心をあらわにしたシーンに反響が。ドラマの公式HPで公開されている第9話の予告映像では、ゴンが「俺のものにならないって思ったら、壊れそう」「負けたくない、俺、本気出してみる」とつぶやくシーンが。“本気を出した”ゴンは、凪に対してどのようなアクションを起こすのか?

<第9話あらすじ>
凪(黒木)の母・夕(片平)が突然上京してきた騒動で、とっさに凪の婚約者と嘘をつく慎二(高橋)。その嘘から、大島家と我聞家の両家顔合わせをする流れになってしまい、今更嘘だと言えない状況に……。アパートの共有スペースで、龍子(市川)、緑(三田)、みすず(吉田)、うらら(白鳥玉季)から凪と結婚したいためにわざと嘘をついたのではないかと慎二は疑惑を投げかけられる。

一方、ゴンは凪と慎二の姿を見て、今までに感じた事がない憤りを感じていた。夏休みが終了し、ゴン(中村)の部屋を去ろうとする慎二に、ゴンはある言葉を投げかける。そして、ゴンはある行動に出る。龍子は凪と慎二があまりにも親の言いなりになっている姿に疑問を感じ、愚痴を緑に聞いてもらっていた。と、そこに緑を訪ねる人物が現れて……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ