NIKEが妊娠したアスリートにも満額のスポンサー料を支払うことを約束

TABILABO

2019/9/12 06:00


8月12日、「NIKE」は契約中の女性アスリートが妊娠した場合に、18ヵ月間は成績ベースの支払いの減額をしないと発表した。これは事実上、産前・産後の休業を認めたことになる。

5月にはオリンピック出場経験のある陸上選手アリシア・モンターニョの執筆した記事が『New York Times』で公開され、NIKEが妊娠した女性アスリートのスポンサー料を減らしていたことが明らかに。そして、その対応は性差別的だと問題視されていた。

今回の契約方針の変更は、この流れを受けての決断だと思われる。

ちなみに、オリンピックの女子陸上短距離種目で6個の金メダルを獲得しているアリソン・フェリックスも同じような経験をしたと発言。彼女のもとには妊娠中でもスポンサー料を満額支払うことを約束するメールが届いたそうだ。

もっとも有名なスポーツブランドのひとつであるNIKEのこの対応が、ほかのブランドの方針にも影響を与えるかもしれない。





この投稿を
Instagramで見る


Allyson Felixさん(@af85)がシェアした投稿 -


Top image: (C) iStock.com/UnitoneVector, 2019 NEW STANDARD

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ